米国株

【KO】米国株コカ・コーラ社の株が急落中、今が買いの好機なの?

【KO】米国株コカ・コーラ社の株が急落中、今が買いの好機なの?

2019年に入って元気のない米国のコカ・コーラ(KO)。

米国株に投資しているあなたも、もしかしたらコカ・コーラ(KO)を持っているのではないでしょうか?

特に2018年の後半くらいから大きなポジションを持ってしまったとしたら、結構な含み損を抱えていませんか?

そんなあなたは、含み損がつらい?資産3,000万で300万が含み損でも安心な理由をちょっと読んでね♪

さて、今後のコカ・コーラ(KO)社、買ってよいものか、買うならいつなのか、ちょっと考えてみたいと思います。

ですが、待たせるのもどうかと思うので、結論ポイントをズバッと!

この記事のポイント
  1. 直近の株価は下がったけど、長期的に見れば問題ない
  2. コカ・コーラ(KO)は高配当&連続増配の優良銘柄
  3. 定期的に積み増してストレスをなくす
  4. 積みあがった分だけ配当がザックザク

では、根拠を見ていきたいと思います。

【KO】米国株コカ・コーラ社の株が急落中、今が買いの好機なの?

Mさん
Mさん
コカ・コーラ(KO)株は長期的目線での買いを推奨します!

それでは、コカ・コーラ(KO)の最近の決算から、株価動向、利回りなどを見ます。

そして買いかどうかを考えてみます。

コカ・コーラ(KO)の第4四半期決算は悪かった

Mさん
Mさん
決算内容がイマイチ市場の事前予測に届かなかったことが株価下落の大きな要因だったようです。

コカ・コーラ(KO)が2019年2月に発表した第4四半期決算の結果がイマイチだったようで、株価が大きく下落しています。

売上高自体は予想より高くなったものの、2019年EPS(1株あたり利益)の見通しが予想よりも大きく悪くなったことが原因とされています。

また、売上高、営業利益などは伸びたものの、2019年通期での売り上げは為替などの影響から数%減少するのではないかという慎重な見方もあるようです。

これらの要因が事前の市場予測を下回ったことで、株価が大きく下落したとされています。

 

コカ・コーラ(KO)の株価推移、半年と長期を見比べる

では、実際に株価がどのように推移したのか見てみます。

コカ・コーラ(KO)株価 半年コカ・コーラ(KO)株価(半年)(出典:SBI証券)

 

第4四半期決算がイマイチだったことを受けて、株価が大きく下落しています。

これを見ると「今は手を出さずに…」などと思うかもしれませんが長期目線で見た時はどうでしょうか。

 

5年スパンと10年スパンの株価動向を見てみたいと思います。

コカ・コーラ(KO)株価(5年)コカ・コーラ(KO)株価(5年)(出典:SBI証券)
コカ・コーラ(KO)株価(10年)コカ・コーラ(KO)株価(10年)(出典:SBI証券)

 

どうでしょうか?

特に10年スパンで見た時、美しいまでの右肩上がりですよね。

また、このくらいのスパンで見ると、最近の株価急落って、一番右の陰線(青い線)ですけど、ほとんど目立たないくらい。

少なくともこの10年は順調に株価を刻んできていることがわかります。

仮に10年前に買っていたら株価は3倍近くになっていたんですね。

今回の急落もほとんど蚊に刺されたくらいの影響といえますね。

 

コカ・コーラ(KO)の配当利回りは優秀、連続増配も50年以上

Mさん
Mさん
さすがバフェット氏が買い付ける銘柄だけあるぞ!

長期投資家と指摘になる配当利回りを見てみます。

現在の株価に対するコカ・コーラ(KO)の配当利回りは約3.5%となっています。

なかなか優秀な水準ですね。

さらに、米国優良株ならではの特徴があります。

それは連続増配年数。

コカ・コーラ(KO)は、連続56年という超長期にわたって連続増配を続けています。

さすが投資家を第一に考える米国優良株というところですね。

ここから見ても、この先、コカ・コーラ(KO)が減配、または無配に落ち込むということはあまり考えられないのではないかと思います。

第一、投資家が黙ってはいませんね。

そんなことしたら、すぐに経営陣の首のすげ替えに動くんじゃないかな?

 

ここまでの軽いまとめ
  1. 近々の決算は悪かった
  2. 超長期で見ると株価は安定
  3. 配当利回りは優秀
  4. 56年連続増配中(今後途切れる心配はあまりない)

 

コカ・コーラ(KO)の買いのタイミング? たんたんと積み上げる!

コカ・コーラ(KO)の買いのタイミング? たんたんと積み上げる!買いのタイミング? 今しかない!
Mさん
Mさん
安定した株価動向と配当はわかったけど、ではいつ買うかですね!

このように超長期で見れば、途中多少の調整で株価が下がることがあっても非常に安定しているコカ・コーラ(KO)。

配当利回りは優秀で、さらに配当が落ちることもこの先あまり考えられない。

そうなると、いつ買うか、どのように保持していくか、ということですね。

結論を言えば、以下の通りです。

  1. 今、買う
  2. 定期的に積み増しをする

 

コカ・コーラ(KO)は今が買いのタイミング

この先、短期的に考えれば、景気の影響などで株価が下がるかもしれません。

他方で、コカ・コーラ(KO)という飲み物、会社ブランドを考えれば、この先もおおむね右肩上がりで株価が推移するかもしれません。

短期的視野に立たなければ、買いのタイミングは、今しかありませんね。

なぜなら、buy&holdは、その字の通り、買ったら保持なので、あまり株価動向を気にしてはいけないからです。

買ったら、あとは配当を楽しみに待っている。

それでいいじゃないですか。

 

コカ・コーラ(KO)は定期的に積み増す銘柄

Mさん
Mさん
コカ・コーラ(KO)は定期的に積み増していく対象銘柄!

ドルコスト平均法ではありませんが、定期的に積み増すことで取得単価を平準化できます。

いつ買うかのタイミングを考えなくてもいいですからね。

「3カ月や半年に1回10万円分を積立てる」などと決めておけば、問題ありません。

もちろん、手持ちの株式などのポートフォリオの戦略上、ちょっとコカ・コーラ(KO)の割合が少なくなったな、と思う時に買ってもいいです。

しかし、推奨できる買い方は、積立貯金ならぬ積立株式購入です。

繰り返しますが、定期積立ならいつ、いくら買うか悩まなくてもいいですからね。

さらに積みました株数だけ配当が出ます。

先にも書いたように、コカ・コーラ(KO)は配当が途切れる心配が非常に少ない。

なので、長期的にたくさん買い増せば買い増すほど、配当がザックザックと入ることになります!

 

まとめ:コカ・コーラ(KO)はいつ買うの?今でしょ!(積み増し前提でね)

まとめます!

  1. 直近の株価は下がったけど、長期的に見れば問題ない
  2. コカ・コーラ(KO)は高配当&連続増配の優良銘柄
  3. 定期的に積み増してストレスをなくす
  4. 積みあがった分だけ配当がザックザク

 

こうに記事を書いてきて改めてわかるのは、コカ・コーラ(KO)という銘柄、本当に優良なんですよね。

さすが、投資の天才バフェット氏が目を付けるだけの銘柄でもあります。

しっかりと彼を見習って、淡々と買い増していきましょう。

コカ・コーラ(KO)は配当という意味では、恐らく今後も裏切ることのない銘柄ですから、まさにbuy&holdの典型銘柄ですね!

あなたによりよい未来が訪れますように!

バフェット
株が下落したときに売ってはいけない【バフェット名言/長期投資】アメリカ景気が若干不透明になり、アベノミクスも終わりに近いような空気が漂っていますね。 株価もこの先どうなるかわからない。。。 ...
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★