家計・節約

喫茶店のポイントカードが利回り20%の衝撃!(ホントびっくり)

利回りを考えるのは喫茶店だけではない

仕事中やプライベートでちょいちょい使う喫茶店。

普通に、ブレンドやジュースを頼んで、数百円払ってほっと一息。

あなたにも普通の日常でよくあることですよね。

これは喫茶店だけではないんですけど、行く店によってはポイントカードを作ってくれるところって結構ありますよね?

私は、それでほんの少しですけど、お得にしていることがあったので、ちょっとだけお付き合いください。

計算すると、利回り20%だって話なんですから!

喫茶店のポイントカードが利回り20%の衝撃!ホントびっくりです

喫茶店のポイントカードが利回り20%の衝撃!
Mさん
Mさん
計算するととんでもないことになってた!

私がひいきにしている喫茶店の話なんです。

ここがびっくりするくらいに良心的なポイントカードを発行してくれているんです。

まずは実体験から。

利回りの計算

私がよくいく喫茶店は、ポイントカードを発行してくれていて、飲み物一杯で一つのポイントを押してくれます。

それで、10個貯まると「お好きな飲み物」を一杯サービスしてくれます。

通常、私はその喫茶店では一杯300円のブレンド・ショートサイズを頼むことが多いんです。

で、10個ポイントがたまった。

かかったお金は、3,000円ですね

11回目に行くときは、もちろんポイントカードを使います。

そして、頼むのが「カフェモカのグランデサイズ」。

これがだいたい600円くらいします。

計算してみると…、600円÷3,000円=0.2

0.2…?

ツレ
ツレ
!?

20%!!! 利回り20%ですよ!!!

そうなんです、このポイントカードを使うと、なんと利回り20%に達するんです。

これって、めちゃくちゃ凄くないですか?

アウトレットなどの洋服のようにほとんど元値が分からず50%、70%、90%なんていうのとは話が違います。

いつ行っても、ブレンド(ショート)が300円のお店ですよ!

ちょっと衝撃的じゃないですか?

ツレ
ツレ
すげー!

利回りを考えるのは喫茶店だけではない

利回りを考えるのは喫茶店だけではない他にもお得なポイントはないかな…?
Mさん
Mさん
喫茶店の例を出したけど、自分の普段使っているお店を思い返してみて!

まずは、自分が使っているお店を考えて見てください。

特に多く使っているのはスーパーとかドラッグストアですよね。

多くのスーパーやドラッグストアでは、独自のポイントカードやスタンプカードを発行しています。

そうしたものを使わない手はないです。

ほんのちょっとだけでも、何がお得になるか考えてみてください。

Mさん
Mさん
ちょっとだけ考え方の例を出しますね。

例えば、私などはイオンでよくお買い物をしますが、通常でもイオンカード(クレジットカードじゃないやつ)でも200円で1ポイント付きますし、20日や30日に行くと5%offになります。

考えてみれば、高い利回りですよね!

一方で、例えば、ビックカメラやヨドバシカメラはだいたい10%のポイントが付きますけど、それは現金払い。

クレジットカードだと8%というところが多かったりしますが、私はマイルをためているのであえてクレジットカード払いにします。

なぜなら、マイルで飛行機に乗れるとすれば、そっちのほうがよっぽど金銭的価値が高い(=高利回り)と計算するからです。

大切なことはズバリこうです。

こうしたお得になる方法を、利回りという観点で見ること。

あなたも、結構見逃しているところとかがあるんじゃないでしょうか?

ポイントは面倒くさいなどと言って、やっていない人は損をする

このように、通常よく使うお店などで、普段使っているお金と、ポイントを使った時にどのくらいお得=利回り=になるか、ちょっと考えてみてください。

塵も積もれば山となるといいますが、本当に凄い違いになって出てきます。

なので、ポイントが面倒くさいとか、チマチマしすぎて貧乏くさい、などと言っている人は本当に損をしますよ。

実際に、小さなことかもしれませんが、10回行く喫茶店で1回は無料で、しかもカフェモカのグランデサイズを頼むことができています。

これが小さい事と考えるかは、あなた次第です。

しかし、繰り返しますが、お金を使っていることに対する利回りが20%というのは破格ですからね。

 

まとめ:ポイントからの利回りを考えるのも面白いしお得になります

まとめます!

  1. よく行く喫茶店のポイントカードの利回りは20%だった。
  2. 他のスーパーやドラッグストアでもポイントカードでの利回りの計算をしてみると結構お得になることが多い。

小さなことかもしれません。

でも、株式や投資信託で投資を行っているであろう、あなた!

利回り20%ですからね!

これをどうに考えるかは、あなた次第です。

あなたによりよい未来が訪れますように!

貯金1000万円 年代別ではどのくらい貯めている?
貯金1000万円 年代別ではどのくらい貯めている?(気になる?)いつも毎日お疲れ様です。 毎月お金がない、今月の家計収支は赤字だ、そもそも給料少ない、無職だ(笑 お金に関するいろんな心の声...
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★