米国株

米国食品医薬品局FDAがIQOSの販売を米国で許可。今後のアルトリア(MO)の株価はどうなる?

米国食品医薬品局FDAがIQOSの販売を米国で許可

2019年4月30日、米国食品医薬品局(FDA)が、これまで許可してこなかった、フィリップモリスのIQOSアイコスの米国内における販売を許可しました。

このニュースはフィリップモリスを展開するアルトリアグループ(MO)にとってはとても良い追い風になるようなニュースではないかと考えられるところですね。

でも、実際の今後の株価、同社の動向などはどうなっていくのでしょうか?

この記事の結論ポイント
  1. 米国食品医薬品局FDAが米国内におけるIQOS:アイコスの販売を承認
  2. 短期的にアルトリアグループ(MO)の株価に変動はなし
  3. 長期的には景気に左右される可能性は高い
  4. アルトリアグループ(MO)は超長期にわたってホールドすべき優良銘柄
  5. (参考:タバコは害悪です)

それでは、行ってみましょう!

 

米国食品医薬品局FDAがIQOSの販売を米国で許可。今後のアルトリア(MO)の株価はどうなる?

米国食品医薬品局FDAがIQOSの販売を米国で許可
Mさん
Mさん
FDAの発表内容と、これを受けたフィリップモリスジャパンの発表、そして株価動向を見てみます。

特に若干の疑問を持つのはフィリップモリスジャパンのプレスリリース。

ちょっと読んでみてください。

米国食品医薬品局FDAによるIQOS米国内販売許可内容

Mさん
Mさん
2019年4月30日にFDAが発表した内容をちょっと見てみましょう。

結論部分を簡単に訳すと「フィリップモリスが製造するたばこ製品(IQOS:アイコス)を承認した」というものです。

The U.S. Food and Drug Administration today announced it has authorized the marketing of new tobacco products manufactured by Philip Morris Products S.A. for the IQOS “Tobacco Heating System” – an electronic device that heats tobacco-filled sticks wrapped in paper to generate a nicotine-containing aerosol.
(出典:FDAプレスリリース)

 

一応、これによって販売の許可が承認されたとされますが、FDAは同時に「承認したからといって、安全であるとか言ってるわけじゃないぞ」とも警告しています。

While today’s action permits the tobacco products to be sold in the U.S., it does not mean these products are safe or “FDA approved.” All tobacco products are potentially harmful and addictive and those who do not use tobacco products should continue not to.
(出典:FDAプレスリリース)

まぁ、そりゃそうですよね。

タバコなんて、百害あって一利なしですよね。

FDAのプレスリリースには、米国における特に青少年に対するたばこ害悪の懸念などがいろいろ書かれていますから、興味のある方は是非ご一読いただくとよろしいかと思います!

 

米国食品医薬品局FDAの承認を受けたフィリップモリスCEOのコメントには疑問

これを受けてフィリップモリスジャパン株式会社もプレスリリースを出しました。

この中でフィリップモリスインターナショナルのカランザポラスCEOのコメントがあるのですが、内容が若干「疑問」のところがありますね。

個人的に一番疑問と思っているのは、次のところです。

「今回のFDAによるIQOSの米国における販売許可は、米国の約4,000万人の成人喫煙者にとって重要な第一歩となります。一部の方は禁煙するでしょう。ただし、大半が喫煙を止めないでしょう。IQOSはこれらの成人喫煙者に、喫煙に替わる煙の出ない選択肢を提供できるのですここ2年で、世界では730万人の成人喫煙者が喫煙を止めIQOSに完全に切替えました。今回のFDAの決定は、米国成人喫煙者にとってこの機会を与えるものとなります。
(出典:フィリップモリスジャパンプレスリリース)

要するに紙巻きたばこから、電子タバコであるIQOS:アイコスに代わる選択肢を提供できた!

喫煙をやめてIQOS:アイコスに切り替わった!

と、このように言っているわけです。

ツレ
ツレ
いやいや、どっちも喫煙、タバコを吸っていることに変わりないじゃん。

 

アルトリアグループ(MO)の株価動向はどうなった?

Mさん
Mさん
結論から言えば、このニュースを受けてたいした株価変動はなかったといえますね。

さて、タバコの好き嫌いは置いておくとして、投資をする私たちは株価が重要ですね。

実際に、このニュース出た前後のアルトリアグループ(MO)の株価動向を見てみましょう。

アルトリアグループ(MO)株価動向①アルトリアグループ(MO)株価動向(出典:SBI証券)

 

このとおり、2019年4月30日にこのニュースが出た時にはちょっと上がっていますが、その後は、徐々に値を戻しています。

つまり、数日間の超短期的な取引であるならともかく、株価動向に大きな変動はなかったといえるのではないでしょうか。

 

今後のアルトリアグループ(MO)の株価動向は?

Mさん
Mさん
背系経済の動向には注意を払う必要がある!

以前の記事でも紹介したアルトリアグループ(MO)の株価動向。

この10年でも右肩上がりですよね。

この通り、今後も短期的な上げ下げはあっても、長期的には右肩上がりが期待できるチャートの形になっています。

アルトリア株価推移(10年)アルトリア株価推移(10年)(出典:SBI証券)

 

最近は長期における米国経済の先行き不安などから、若干停滞気味ですが、超長期に見れば右肩上がりですよね。

もちろん、今後は世界経済の減速懸念などがありますから、この動向がどうなるのかはわかりません。

実際に業績がそれなりに順調でも、世界経済の減速懸念から株価が下向きになるということはよくあります。

この点にはしっかりと注意を払う必要がありますね!

景気が悪化? 株価の動きは? IMFが世界経済成長を下方修正
景気が悪化? 株価の動きは? IMFが世界経済成長を下方修正 あなたもご存知の(?)、IMF(国際通貨基金)は世界経済の減速を予測しました。 え? IMFを知らない? ミッションインポッ...

 

アルトリアグループ(MO)、アメリカたばこ業界への投資はどうなのか?

アルトリアグループ(MO)、アメリカたばこ業界への投資はどうなのか?で、投資できるの?
Mさん
Mさん
インカムゲイン(=配当)投資は、しっかりとホールドが基本!

結論から言えば、アルトリアグループ(MO)は、配当も長期間にわたって出していますから、しっかりとホールドする対象かと考えられます。

もちろん、多額の訴訟リスク、健康志向などによる喫煙人口の減少などが、今後の業績に対するリスクとして考えられます。

しかし、これまでの私のブログの記事でも書いているように、なんだかんだ言いながら米国のたばこメーカーはしぶとく生き残っています。

そして、繰り返すようですが、超長期にわたって私たち投資家に対して「配当」を怠ったことはありません。

このことから、アルトリアグループ(MO)への投資はかなり有望と考えても問題ないと考えます。

【米国株】アルトリア、フィリップモリスなどタバコ業界の今後は?中長期投資先としてのアメリカのたばこ産業の今後についてはどうなんでしょうか? いわゆる高配当株として、あなたも投資していませんか?...

 

アルトリアグループ(MO)への投資は一喜一憂しない!

Mさん
Mさん
まさにこれ! 金の卵(=配当)を生むガチョウはしっかりとホールドしておこう!

実際に短期的に見れば株価は上下をします。

一日に数%上がったり、一番高いところから20%も下落したよ、なんてこともあります。

その時にも右往左往せずに、むしろ下がったら買い増しをしていけばいいのです。

買い増しをするとどうなるか?

株数が増えますよね。

株数が増えるとどうなるか?

そうです、配当金が増えるんですよ!

これが、まさにインカムゲイン(=配当)投資の王道、醍醐味ということができます!

【MO】アルトリアは高配当で連続増配の米国株長期投資必須銘柄
【MO】アルトリアは高配当で連続増配の米国株長期投資必須銘柄あなたはアルトリアグループ〔MO〕という名前を聞いたことありますか? 聞いたことない? これは、アメリカのたばこメーカーなん...

 

まとめ:アルトリアグループ(MO)は有望投資先と考えてもいいだろう

まとめます!

  1. 米国食品医薬品局FDAが米国内におけるIQOS:アイコスの販売を承認
  2. 短期的にアルトリアグループ(MO)の株価に変動はなし
  3. 長期的には景気に左右される可能性は高い
  4. アルトリアグループ(MO)は超長期にわたってホールドすべき優良銘柄
  5. (参考:タバコは害悪です)

 

タバコの好き嫌いはともかく、投資対象としては極めて優秀といわざるを得ない。

この先、タバコが非合法化されればともかく、恐らくアルトリアグループ(MO)のロビー活動も強力でしょうから、そんなことは起こらない。

となれば、毎年決まって配当を出す同社株式に対する投資は有望、ということができるでしょうね。

あなたによりよい未来が訪れますように!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★