家計・節約

FIRE(経済的自由を得て早期退職)という生き方を目標とする

fire経済的に独立して早期退職

最近いろんなところで聞くFIRE。

英語で言うとFinancial Independence, Retire Early、この頭文字をとってFIRE。

意味は経済的に独立して早期退職

素晴らしい響きですね。

毎日満員電車に揺られず、嫌な上司もきついノルマもない。

控えめに言って最高じゃないですか。。。

ただ、これって単なる夢物語ではなく、目指せそうな目標のようです。

そもそもFIREとは

そもそもアメリカだかカナダのITエンジニアの方が始めたスタイルらしいですね。

その考え方の基本は、別に大金持ちになるものではありません。

必要な生活資産を運用で生み出しつつ、自分の好きなように生きよう、ってことのようです。

ポイントは、別に大金持ちになる必要はないってことですね。

FIREの種類

FIREにはいくつかの種類があると定義されているようです。

①Lean FIRE・・・極端に節約をしながら生活をする。
②バリスタFIRE・・・フルタイマーの仕事を離れるがパートタイマー的な仕事で生活費を稼ぐ。
③Fat FIRE・・・投資をして普通レベルの生活費を稼ぎ生活をする。

いかがでしょうか?

羨ましいなぁと現実的に思うのはFat FIREですけどね。

Mさん
Mさん
Fat FIREでのんびり投資しながら生活したいなぁ…。
ツレ
ツレ
働け、ボケ!

 

FIREでリタイヤしても生活は質素に

Mさん
Mさん
経済的自由を手に入れても、別に生活は質素のままなようです。

ただし、いろいろ記事を見ていくと面白いことがわかります。

アーリーリタイヤと聞くと、お金には困らないくらいに貯めて、あとは自由に世界を旅行したり好きなことをしたり、ということを想像します

しかし、ここでいうFIREは一概にそうではない。

確かにFIREをする人は、そもそもが働いているときにも高給取りやエグゼクティブが多いようです。

しかし、こうした人たちが経済的自由を得ることは、忙しいことに嫌気がさして自分らしい生き方をする、ということを指しているのです。

FIREを達成して仕事をやめますよね。

そうすると、これまでのような生活のスタイルとは一線を画して生活をする形が多いようです。

つまり生活のコストを切り詰めて生活をするわけです。

なので、世界を豪遊したり、毎日ゴルフや飲み会をして過ごすというものではないようですね。

ニューヨークタイムスの記事によれば、こうした経済的自由を得た早期退職者は、生活コストを下げるために田舎に引っ越ししたり、コストコで大量買いをするなどして生活のコストを下げているようです。

それでも記事の例によればあるFIRE達成者は、年間4万ドル(400万円強)で生活をするほとんどは投資からの収入で暮らしていけているらしい…。

Mさん
Mさん
それにしても、400万円の投資収入って…。

 

私たちが目指すべきFIREの形

自分が目指すべきFIREの形自分が目指すべきFIREの形はなんだろうか?

確かに投資をしながら生きていくのは羨ましい。

ですが、実際に配当だけに頼った暮らしをできるまでにどこまでお金を貯めなければならないでしょうか。

上記の例だと400万円を投資でまかなっているとしていますが、これを達成するためには、例えば配当利回りが4%だとしても1億円が必要になってきます。

この方はFIREの分類分けであればFat FIREということになるでしょう

ですが、日本の一般的なサラリーマンの場合、1億円貯められるでしょうか。

ちょっと難しいですよね。

そうすると、私たちが目指すFIREの形としてはバリスタFIREということになります。

つまり、投資を中心にしつつ、会社からのサラリーや副業で生活費を補填する形が一番いいのではないかと思います。

もちろん、生活の根底にあるのは節制・節約ですね。

そして「働き方改革」。

普通にフルタイムでバリバリ働いているのであれば今までと同じです。

そのためにはワークライフバランスに気を付けて、ストレスのない仕事人生活を送ることが必要です。

実際にこのようなFIREの考え方が浸透してきたのは、やっぱり自分の時間を大切にする欧米人ならではということも言えます。

しかし、日本人の中でも長時間労働であったりストレスが貯まるような仕事を続けていくことに対する疑問が出てきています。

「とりあえず我慢してその会社にしがみついているべき」「若いうちはとにかく耐えろ」などとする旧来からの考え方が変わってきたんでしょうね。

 

Mさん
Mさん
このためには、今の職場環境も考えて、転職も視野に入れる必要はあるかもしれません。

 

まとめ:FIREを達成するために

バリスタFIREを目指す。

徹底的な節約生活を維持するLean FIREを目指す。

いずれにしても、結局はリタイヤするためにお金を貯めなければなりません。

また、すでにウン千万ある人などはともかく、普通の一般人はすぐにFIREは達成できませんし、リタイヤしても節約志向は必要になってきます。

そのためにはしっかりとした貯蓄計画と節約技術、安定的なリターンを生み出す投資が必要になってきますね。

よし、シコシコ投資をするか!

あなたによりよい未来が訪れますように!

貯金1000万円 年代別ではどのくらい貯めている?
貯金1000万円 年代別ではどのくらい貯めている?(気になる?)いつも毎日お疲れ様です。 毎月お金がない、今月の家計収支は赤字だ、そもそも給料少ない、無職だ(笑 お金に関するいろんな心の声...
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★