Funds

大人気のFundsと明豊エンタープライズが提携、新ファンドを予定

大人気のFundsと明豊エンタープライズが提携、新ファンドを予定

大人気のクラウドファンディングサービスの一種であるFundsが、新たに新ファンドを立ち上げる予定です。

新ファンドのを立ち上げる予定の業務提携先は不動産業の明豊エンタープライズ(8297)。

またまた売り切れ必至になることは間違いないですね!

今日、お届けしたいのは、この新ファンドに関する情報です。

今回の記事の結論ポイント
  1. 大人気のFundsが明豊エンタープライズと提携、新ファンド発売予定
  2. 明豊エンタープライズも1-2年で破綻することはなさそう
  3. 新ファンドも利回りに期待できる
  4. 新ファンドも速攻で売り切れること必至
  5. とりあえずFundsの口座を開設し、発売されたら速攻で申し込む!

それでは、さくっと行ってみましょう!

大人気のFundsと明豊エンタープライズが提携、新ファンドを予定

Mさん
Mさん
待ちに待ったFundsの新ファンドがいよいよ出ますね!

明豊エンタープライズ(8927)は、2019年3月4日にプレスリリースを出して、Fundsを運営するクラウドポート社と業務提携契約を結びました。

不動産賃貸アパートメントブランド『MIJAS(ミハス)』シリーズなど、1棟投資用不動産の開発・販売事業を都内中心に94棟展開しております。
今般、株式会社クラウドポートとの業務提携により、同社の提供する FinTech クラウドファンディングサービス「Funds(ファンズ)」上にて、当社グループが展開する投資用など不動産開発事業に関係したファンドの組成につき本年3月以降、提供開始を予定。
出典:明豊エンタープライズプレスリリースより抜粋

いよいよ、Fundsの新しいファンドがリリースされますね!

Fundsと提携する明豊エンタープライズとは?

まずは、Fundsと提携する明豊エンタープライズの概要を見てみましょう。

  1. 賃貸アパート経営を主力
  2. 創立は1968年
  3. 2011年に会社更生法を申請
  4. 近年は着実な経営をしている

ざっとまとめると以上の感じです。

創立は1968年で50年以上の歴史を持っていますね。

最近では、MIJAS(ミハス)と称したスペイン南部の観光地“ミハス”をモチーフにした美しい住まいを提供するなど大規模建築とは一線を画した小規模であるけど、結構いけているアパート経営を行っています。

MIJAS(明豊エンタープライズ)MIJAS(明豊エンタープライズ)

 

その結果、近年の都市部の住宅不足の影響や堅実経営のおかげで業績は右肩上がりになっています。

明豊エンタープライズ売上高推移明豊エンタープライズ売上高推移(出典:同社IR)

 

明豊エンタープライズ利益推移明豊エンタープライズ利益推移(出典:同社IR)

 

気になる点としては、同社は2011年9月に債務超過になったため会社更生法を申請しています。

これはいわゆるサブプライムローンに端を発したリーマンショックの影響です。

しかし、その後はしっかりと回復、アベノミクスの好況下、着実に堅実に売り上げや業績を伸ばしていますね。

気になるのは、会社更生法を適用した過去がある会社のファンドが大丈夫か?ってことですね。

でも、基本的には問題ないと考えます。

①明豊エンタープライズは最近は業績を伸ばしている

②Fundsのファンドは長くても1年で終了

この先数年後は、また不況などがやってきて不動産業界が大変になることはあるでしょう。

しかし、景気だって数カ月で一気に悪化する、というものではありません。

つまり、この1年や2年程度の範囲で見れば特に問題ないのではないか、と考えることができますよね。

ツレ
ツレ
取りあえず1年くらいの運用期間なら問題ない期間ですね!

 

Fundsはこれまでも不動産型ファンドを発売

Mさん
Mさん
新ファンドも高利回りに期待が集まっていますね!

Fundsは、これまでも不動産型のファンドを発表してきています。

大田区XEBECファンドは運用期間が1年、利回りは5%です!

Funds大田区Funds大田区(出典:Funds)

 

また、台東区の同じくXEBECファンドも運用期間は1年、利回りは4.5%になっています。

Funds台東区

Funds台東区(出典:Funds)

このいずれも東証2部上場企業である不動産会社の株式会社デュアルタップ(3469)が担当していますが、今回の明豊エンタープライズはまた新しい不動産会社ということになりますね。

まだ、運用期間が過ぎていないので拙速な評価はできませんが、いわゆるFundsのうち不動産型としての運用が始まっているということですね。

このいずれもが高利回りですから、新しい明豊エンタープライズとの新ファンドも、これらと同レベルの高利回りが期待できますね!

 

Fundsは大人気、明豊エンタープライズとの新ファンドも売り切れ必至

Fundsは大人気、明豊エンタープライズとの新ファンドも売り切れ必至発売直後に売り切れ必至だよ!
Mさん
Mさん
Fundsのファンドは売り切れ必至、乗り遅れないためにもとりあえず口座開設をしておこう!

Fundsは上に紹介した不動産型のファンド以外でも、いわゆるローン型のファンドとしてすでにアイフルやLENDYといった会社と提携し、ファンドを発表しています。

ポイントは、このFundsのファンドが大人気だということです。

今まで4つのファンドを発表してきていますが、そのいずれもが速攻で売り切れています。

売り切れているというのは、応募金額がそれぞれのファンドで設定されているのですが、それがすぐに集まってきてしまうということです。

例えば、上で紹介した大田区のファンド案件、なんと発売後1分も経たないうちに売り切れだそうです。

60秒も経たないうちですよ。

まさに「秒殺」ってやつですね!

Fandsは取りあえず口座開設を済ませて、案件発表後「速攻」で申し込む

大人気のFandsのファンドは、発表後、すぐに売り切れてしまいます。

今度、発売されるであろう明豊エンタープライズのファンドもどのくらいで売り切れになるか?

新ファンドは2019年3月下旬以降となっていますが、発表されたと同時に速攻で売り切れになってしまう公算が高い。

では、そうならないためにはどうするか?

とりあえず口座を作って、発表を待ち構える

もう、これにつきますね。

ファンドが発表されてから、おたおたと口座開設の準備が~、などと言っていては当然に間に合いません。

なので、今のうちに無料でできる口座開設をさくっと終わらせてしまうことが大切ですね。

口座開設は以下からどうぞ♪

シェア投資Funds(ファンズ)

ここで口座開設をちゃっちゃと済ませて、あとは新ファンドの発売発表を待ちましょう!

 

まとめ:Fundsは口座開設を済ませ、明豊エンタープライズ新ファンドに備えよう!

まとめます!

  1. 大人気のFundsが明豊エンタープライズと提携、新ファンド発売予定
  2. 明豊エンタープライズも1-2年で破綻することはなさそう
  3. 新ファンドも利回りに期待できる
  4. 新ファンドも速攻で売り切れること必至
  5. とりあえずFundsの口座を開設し、発売されたら速攻で申し込む!

 

銀行の利率。。。それに比べたら近年ではほとんど例がない高利回り。

それに運用期間が超長期ではなく、一度会社更生法を適用した明豊エンタープライズといっても近年は業績が安定していて、新ファンドに対してそこまで神経質になる必要はないでしょう。

ですが、何度も言いますが、これ、本当に人気です。

新しいファンドも「秒殺」での売り切れが必至ですね。

そうならないためにもさくっと簡単にFundsの口座を作っておきましょう~。

シェア投資Funds(ファンズ)
大人気のFundsをまるっと解説(面倒な説明一切なし!)
大人気のFundsをまるっと解説(面倒な説明一切なし!)今、巷(ちまた)で大人気のFundsって知ってます? え? 知らない? これ、凄い人気なんですよ。 では、そんなあなたのため...

あなたによりよい未来が訪れますように!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★