トレード手法

高配当株への長期投資が美味しい理由(おまけ:高配当株の見つけ方)

高配当株への長期投資が資産運用の鉄則

巷でよく聞かれている高配当株への投資。

何がいいのか一度整理してみました。

特に投資初心者にあっては、よく高配当株式への投資が良いとは聞くけど、何がどういいのか、イマイチわからないという方もおられるでしょう。

今日はそんなあなたにおくる内容にしています。

Mさん
Mさん
なんだかんだ言いながら、内容はすごくシンプルだよ!
この記事でのポイント
  1. 高配当株への投資がなぜ良いのか?
  2. 高配当株の見つけ方

 

高配当株への長期投資が美味しい理由

それでは早速、高配当株を長期にわたって保有すべき理由について説明していきますね。

とってもシンプルですから、大丈夫ですよ。

配当金という名の不労所得が定期的に入ってくる

Mさん
Mさん
せっせと積み増していけば、その分だけ配当金がたくさんもらえるってことがシンプルかつ重要なことです。
ツレ
ツレ
世の中のお金持ちは「貯金」で銀行に預けているだけでなく「株式投資の配当金」で毎年たくさんの不労所得を得ています。
お金持ちは何をしなくてもお金持ちでい続けることができる理由ですね。

まずは、これですね。

配当金というのは、企業が出した利益を株主に還元するというものですが、株式を保有している限り、年に数回定期的に入ってくるものです。

例えば、年3%の配当金であれば仮に1000万円投資していれば、年に30万円の配当金ということになりますね。

ちなみに、日本株の場合、年に1-2回の配当支払いが多い

しかし、米国株の場合は4回(四半期ごと)というのも結構多い。

そうすると、上記の場合は、四半期ごとに75000円ずつが、何もしなくても入ってくる計算になります。

配当金というのは、なーんにもしなくても入ってくる収入、まさに不労所得のことなのです。

 

増配という嬉しいおまけもついてくる

株式を保有していると「増配」という嬉しいおまけがついてくることがあります。

これは、配当金を増やしますよ、ということです。

例えば、3%の配当利回りを4%に増配します、となります。

すると、先ほどの例で1000万円投資していたら年間の配当金は30万円から40万円にアップするということになります。

素晴らしくないですか?

特に米国企業では、投資家本位の姿勢が鮮明ですから、この増配をよく行っています。

なので、米国株投資が近年盛んなんですよね。

最近は各証券会社において米国株取引における手数料もかなり引き下げられましたので、それも要因とみることもできます。

 

安定企業を選べばあとはほったらかしで投資できる

一度安定企業の高配当銘柄を持ったら、あとはほったらかしです。

上に書いたように、企業は定期的に配当金を我々弱小投資家に恵んでくださいます。

そして、株価が下がろうが上がろうが関係なく配当金をもらえます。

したがって、景気の波により株価が上下しても、右往左往せずにずっと持ち続け、配当金を淡々ともらっちゃってください。

Mさん
Mさん
含み損がある期間でも、あえてその含み損金額を見ないこともポイントかもね。

 

配当金を再投資することによる複利効果で資産アップ

Mさん
Mさん
あなたも一度は聞いたこともあるであろう、複利効果、それを簡単に説明します。

上で書いたように、配当金は一定期間毎に次々ともらうことができます。

このため、その配当金を再投資に充てることにより複利効果でどんどん資産が増えていきます。

この複利効果によって、雪だるま式に資産が増えていくことになりますね。

SBI証券 複利効果

画像出展:SBI証券

これはSBI証券のホームページにある投資信託の複利効果を説明したグラフですが、投資信託であろうが、配当を出してくれる株式であろうが効果は同じです。

このグラフでは、毎月1万円を積み立てて、年利5%の場合となっています。

毎月1万円でもこの差が出ます!

なので、もう少し毎月頑張って積み立てるとか、ボーナスの時期に多少多めに資金を投入することで、将来的に非常に大きなリターンとなることが期待できますね!

年利5%というのはかなりの高配当利率です。

 

高配当株銘柄の選び方の基本

高配当株銘柄の選び方の基本高配当銘柄はこうにやって見つける!

それではどのようにして高配当株を選べばいいのでしょうか。

Mさん
Mさん
あなたも使っているであろうヤフーファイナンスとSBI証券での、簡単な高配当銘柄の見つけ方を説明します。

高配当銘柄を見つけるためのスクリーニング(ヤフーファイナンスで日本株式)

まずは、スクリーニングをして高配当銘柄を見つけましょう。

最初はヤフーファイナンスでの見つけ方です。

ヤフーファイナンスで日本株の配当利回りを見る方法

①ヤフーファイナンスのページにアクセス
②上部に並んでいる「トップ」「株式」「FX・為替」…と並んでいるところから「株式をクリック」
③クリックしたら、その真下の「株式ランキング」をクリック
④次のページの左のバーの中にある「配当利回り(会社予想)」をクリック

こうすることで、次のような画面が出てきますよ!

ヤフーファイナンス 配当利回りヤフーファイナンス 配当利回り

どうでしょうか。5%を超えるような高配当銘柄がたくさん出てきますね。この中から好きな銘柄を選んで長期投資を行うだけですね!

高配当銘柄を見つけるためのスクリーニング(SBI証券で米国株式)

続いてはSBI証券の場合の方法です。

SBI証券は米国株式投資でとても便利な証券会社なのでぜひ口座を持っておくことをおすすめします。

口座開設の方法はとても簡単ですよ。

SBI証券で米国株の高配当利回りを見る方法

①SBI証券のサイトにアクセス、ログイン
②画面右側にある「外国株式」をクリック。そうすると「外貨建て商品取引サイト」に画面が移転します。
③画面上部に「ホーム」「投資情報」「取引」…と並んでいるうちから「投資情報」をクリック
④画面上部で「米国」となっている右下あたりに「スクリーナー」というところがあるのでクリック
⑤画面左の「詳細検索」の中の「+検索条件を追加」のボタンをクリック
⑥その中にある「実績配当利回り(%)」をクリックします。
⑦あとはソートをかけるなどして高配当銘柄をピックアップしてください。

スクリーナーの「条件指定」のところを、例えば銘柄属性を「個別株」、規模を「大型」、指数採用銘柄を「S&P500」と入れて、ソートをかけると、こんな感じの画面になりますよ。

SBI証券 米国高配当株スクリーニングSBI証券 米国高配当株スクリーニング

 

Mさん
Mさん
SBI証券で米国株スクリーニングをかけるときは、ちょっとサイトの奥深いところにあるけど、やっているうちに簡単になれるね。

 

安定的、将来的にも伸びそうな企業を選ぶ

Mさん
Mさん
高配当銘柄でも、きちんとした企業を選んで投資をすることがとても大切であることっを説明しますよ。

いくら高配当であっても、将来的に倒産したり減配しては元も子もありません。

これまでの実績として、きちんと企業が安定的に運営されてきたかをしっかりとチェックしましょう。

この点、米国では数十年にわたって連続増配を行っている企業が多々あるので、この中からあなたがこれはと思う企業に長い目で投資をすることですね。

例えば、高配当銘柄で知られ米国株銘柄であるアルトリアグループ(MO)。

なんと50年近くにもわたって連続配当を続けています(ちなみに2019年の年初での利回りは6%を超えています!)

しかも、たばこメーカーと社会的なイメージはともかく、巨大な企業規模、新規参入企業可能性少ない、売上高も好調、タバコはなかなかやめられない、などといった企業としての永続性・将来性もあるのではないかと考えらえるところです。

 

Mさん
Mさん
他にも探すと、特に米国企業ではたくさんの有望そうな安定銘柄がありますね!
【MO】アルトリアは高配当で連続増配の米国株長期投資必須銘柄
【MO】アルトリアは高配当で連続増配の米国株長期投資必須銘柄あなたはアルトリアグループ〔MO〕という名前を聞いたことありますか? 聞いたことない? これは、アメリカのたばこメーカーなん...
【米国株】アルトリア、フィリップモリスなどタバコ業界の今後は?中長期投資先としてのアメリカのたばこ産業の今後についてはどうなんでしょうか? いわゆる高配当株として、あなたも投資していませんか?...

 

(注意)配当性向が高すぎる企業にはクエスチョンマークを付ける

Mさん
Mさん
配当性向という言葉は聞いたことがありますか?
その配当性向という数字、これにはちょっと気を付けることがあります。

ただし、ちょっとだけ気を付けていただきたいのは、配当性向という指標です。

配当性向は以下の計算式で求められます。

配当性向(%)=1株当たりの配当額÷1株当たりの当期純利益×100

つまり、企業の利益からどれだけの配当金を出しているかということです。

高い数字は確かに投資家にとってはうれしいですが、あまりに配当にカネを回しすぎていると、本業のほうに利益を振り分けられないということになります。

一般的には20~40%くらいが適当な配当性向とされています。

でも、これはあくまでも一般的な数字で、これからガンガン伸びるぞ、という企業は研究開発などに利益を回すため低くなりがちであり、逆に成熟した産業の巨大企業などは大きくなる傾向にあります。

例えば、上記で紹介したアルトリアグループ(MO)などは、その配当性向を80%を維持するとしています。

たばこ産業は成熟していて、アルトリア自身も大型企業なのでこのような配当性向を実現するということですね。

 

高配当株の個別銘柄選定が難しかったらインデックスファンドでもOK

なんか、個別の株って選ぶのが難しいなぁ。。。

あなたももしかしたらそういうタイプではないでしょうか。

でも安心してください。

インデックスファンドの投資積立なら、こうした悩みを一気に解決できますよ。

なぜならこの投資信託は、いちいち個別銘柄を選ばなくてもいいんです。

大きな枠、例えば米国株とか、先進国株とか、そういう大きなくくりで選べますからね。

ただし、いずれにしても長期にわたってコツコツ積立が基本になりますからね!

 

まとめ:高配当株へコツコツ長期投資をしてしっかりと資産を増やそう

どうでしたか?

高配当株を長期間保持する優位性がわかっていただけましたか?

確かに株式を保有している間はいろいろな事案が発生し、その間、保有株式の評価額が下落して含み損になる期間もあるでしょう。

しかし、その間も優良銘柄であるならしっかりと配当を出してくれます。

そして、長い目で見れば優良銘柄であれば必ず株価だって戻ってくるでしょう。

しかも、コツコツと積み増していけば、その配当金額だって大きくなってきますし、景気が好転してくれば含み益も爆発的に増えます。

いつが景気の底なんて誰にもわからないのですから、気が付いた今、投資を始めていくのが正解ですね!

あなたによりよい未来が訪れますように!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★