トレード手法

株高で株式を買うのが怖いというあなたにズバッと解決策を贈ります!

株高で株式を買うのが怖いというあなたにズバッと解決策を贈ります!

2019年に入って、アメリカのダウ、日経平均ともに上昇基調です。

そうすると、いつか暴落してしまうんじゃないか。

今、株を購入するのは怖い、という心理が働きます。

こうしたときに、あなたはどうに動きますか?

今はやめておこう?

いや、上がっているときはガンガン買うべきだ!

どちらでしょうか?

正解は・・・?

買うべきです!

買いだ!!!

今日の記事の結論ポイント
  1. その銘柄、今が株高なのかはわからない
  2. 好きな銘柄なら一定期間ごとに買い増していく
  3. 積み増していくことで将来的に多くのインカムゲインを得る
  4. 短・中期のスイングトレードなら現在株価が割高か割安かをきちんと把握する

では、記事に入っていきますよ!

株高で株式を買うのが怖いというあなたにズバッと解決策を贈ります!

Mさん
Mさん
好きな株式は、今買うべきだよ!

まず知っておいてほしいのは、これは長期のbuy&holdの場合です。

その場合の、答えは「今、買うべき」なんです。

今、その株式は株高ですか?

Mさん
Mさん
そもそも、今は株高の時期なんですかね?

シンプルな疑問として、今、あなたが買いたいなぁと思っている株は、今、株高の状態にあるのでしょうか?

例えば、私が好きなJT(日本たばこ産業)の株を見てみましょう。

まずは、この三か月です。

jt(3カ月)JT株価動向(3カ月)(出典:ヤフーファイナンス)

 

先にも書きましたように、2019年に入ってからJT(日本たばこ産業)の株価は大きく回復しています。

年末の2,500円から、2,800-2,900円くらいまで300円以上上昇しています。

これは「割高だ」と思いますでしょうか?

 

では、次に5年、10年というスパンで見てみましょう。

jt(5年)JT株価動向(5年)(出典:ヤフーファイナンス)

 

jt(10年)JT株価動向(10年)(出典:ヤフーファイナンス)

 

どうですか?

この3つを見比べると、このようなことがわかります。

  1. 直近は株価が10%以上上昇している。
  2. 5年スパンで見た時は最安値水準にある。
  3. 10年スパンで見た時はまだ下がるかもしれない(半額になるかも?)

どうでしょうか?

この時点の株価、安いんでしょうか?

3つの期間で見ると、それぞれで解釈が異なってきますよね。

今の株式が高いか安いかなんて、わかりませんよね。

直近で見れば株高でしょう。

でも、5年スパンで見れば株安、10年に戻れば、まだまだ株高状態。

今回はJT(日本たばこ産業)の例を出しましたけど、あなたが今購入したい、という株式についても、こうした観点で見ていってみてくださいね。

では、いつ買うか?

今でしょ!

 

好きな株式は一定期間で購入していくことの3つのメリット

好きな株式は一定期間で購入していくことの3つのメリット長期の時間というメリットを使いましょう!
Mさん
Mさん
buy&holdはシンプル、淡々と買い増していけばいいのです。

例にJT(日本たばこ産業)を出しました。

この株式は、現時点ですと最低単元100株で30万円ほどします。

確かにどんどん買い増しをしていけるレベルの値段ではないです。

しかし、今のあなたがどのような家計状況にあるかわかりませんが、普通のサラリーマンをしているのであれば、3カ月や半年に1回くらいは30万円を投資できませんか?

ボーナスというものもあるでしょう。

好きな株式はどんどんと買い積立てるべきです。

では、そのメリットはなんでしょうか?

3つのメリット
  1. 購入時株価を気にしなくなる
  2. 安い時に多くの株を買うことで値上がり時に多くの評価益が期待できる
  3. 株式が増えると配当収入も増える

 

何度も購入していれば、取得価格は平準化されます。

例えば半年に1回購入するとして、25万円の時と30万円の時に買った株は平均取得単価が27.5万円になりますよね。

これによって、長い期間購入し続けることによって、あまり株価の上下は気にならなくなるってことですね。

また、仮に株価が半分の1,500円になったとしましょう。

この時は100株を15万円で購入できますから、30万円を使えるとしたら200株購入できますよね。

そうすると、10年スパンで見た時に、1,500円だった株価が倍の3,000円に復活することは今後も考えられます。

その時に安い時に多くの株式を購入できていれば、それだけ評価額が高く跳ね上がる可能性があるってことですね!

また、より重要なのは安い時に多くの株式を購入できるということです。

つまり、上の例ですと、いつもは100株しか買えなかったけど、安くなったので200株を購入できましたよね。

そうすると、これまで定期的に積みあがってきた株式数がより多く買えたことになります。

株式が積みあがる、そうすると何がいいか?

そうです、配当(インカムゲイン)です!

これは何もしなくても株式を持っているだけで入ってくる収入ですから、株式を多く持っていれば持っているほどたくさんのインカムゲイン=配当収入があるということです。

お金持ちは何もしなくてもお金持ち。

それはなぜか?

いろいろありますが、株をたくさん持っていることによって、不労所得=何も働いていなくてもお金が入る仕組み=を持っていることもその一つでしょう。

もう一度メリットを繰り返しますよ!

  1. 購入時株価を気にしなくなる
  2. 安い時に多くの株を買うことで値上がり時に多くの評価益が期待できる
  3. 株式が増えると配当収入も増える

 

今後の株の動きなどは誰にもわからない

ハッキリ言って、今後の株価の動きなどは誰にもわかりません。

もちろん、今後、ロングスパンでいけば、指数的な株価は下がる可能性が高い。

というのも、現在の長い景気拡大局面にあって、後は景気が後退するであろういくつかの指標や予測がなされているからです。

また、いくら業績が良いからといって、全体的な指数には逆らえないところが株価にはあったりします。

つまり、景気全体が悪くなってきて、個々の企業の業績が良くても株価が下降線をたどる場合もあるということです。

もちろん、逆も言えて、景気や指数が右肩上がりの時には、本業がイマイチでも意外にも株価が上昇することがあったり…。

上でJT(日本たばこ産業)の例を出しましたが、今後の株価なんて、なかなか予測することは難しいですよね。

したがって、重要なことは「好きな株式であるなら、一定期間ごとに買い増していく」ということになるんですね。

 

景気はピークに達したのか?(景気の波を考える)
【景気循環】景気はピークに達したのか?(景気の波を考える)景気悪いねぇ~ 実際に、この先の景気ってどうなるんでしょうか? 政府の発表からちょっとひも解いてみたいと思います。 現在の...
景気が悪化? 株価の動きは? IMFが世界経済成長を下方修正
景気が悪化? 株価の動きは? IMFが世界経済成長を下方修正 あなたもご存知の(?)、IMF(国際通貨基金)は世界経済の減速を予測しました。 え? IMFを知らない? ミッションインポッ...
中国新車販売減少で中国経済の落ち込みが顕著になるのか?
中国新車販売減少で中国経済の落ち込みが顕著になるのか?世界経済における中国の影響力というのは、今は無視できない水準に来ていますね。 よく「米国がクシャミすると、日本は風邪をひく」なんて...

 

株高の時のスイングトレードには気を付けること

株高の時のスイングトレードには気を付けること直近株高のスイングトレードには気を付けるべし!
Mさん
Mさん
短期・中期で売却益を得る取引なら、現在株価がその期間内で割高or割安を判断する必要があります。

ガチガチのbuy&hold、積立投資ではなくて、余剰資金で株式市場と遊んでみたいと考える人もいるでしょう。

その場合は、しっかりと相場の流れを見ることが大切になってきます。

株高の場合は2つの選択肢があります。

  1. 順張りに徹して買い増しをする
  2. 過熱感を警戒し、空売りをする

 

株は上がるか下がるかの2つだけです。

それが真理です。

短期・中期のスイングトレードでは、これを読み解くことが重要になってきます。

テクニカル的要素でもいいでしょう。

個々の企業業績発表や経済情勢ニュースなどでもいいでしょう。

短期的な株価動向はそれらによっても左右されることが大きい。

したがって、短期的なキャピタルゲイン(=売却益)を狙う取引に際しては、しっかりと現在の株価が、取引をする期間内においてどういった水準にあるのか、ということを判断して売買を行わなければなりません。

そうなんです、淡々と買い増していくだけの投資に比べたら非常に勉強が必要です。

しかし、当たれば大きい。

もっとも、これはあくまでも小遣いの範囲・余剰資金で行うべきですね!

 

まとめ:今が株高? 株は今が買いでしょ!

まとめます!

  1. その銘柄、今が株高なのかはわからない
  2. 好きな銘柄なら一定期間ごとに買い増していく
  3. 積み増していくことで将来的に多くのインカムゲインを得る
  4. 短・中期のスイングトレードなら現在株価が割高か割安かをきちんと把握する

 

④を除いてbuy&holdであれば、何とかやっていけませんか?

株式投資の基本は、これに尽きると思いますよ。

でも、もし暇だ、ちょっと冒険したい、というのであれば短期・中期のスイングトレードにチャレンジするのも、ニュースや経済情勢に注目するいい機会かもしれませんね。

もちろん、投資は自己責任ですよ!

あなたによりよい未来が訪れますように!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★