日本株

連続増配を続けまくる花王株は買いなのか。配当や株主優待は?

連続配当を続けまくる花王株は買いなのか。配当や株主優待は?

洗剤や化粧品など、あなたも家に一つはあるんじゃないかという、花王の製品。

実は、株式投資においても花王は非常に優秀で、なんと30年近くにわたって配当を続けています。

何とか配当をひねり出す米国企業と違って、業績が悪くなるとすぐに減配する日本企業の中では珍しいですね。

今回は、その花王の株式購入はどうなのか、ちょっと考えてみたいと思います。

あらかじめ結論を言っておくと、こんな感じ。

  1. 花王は配当利回りはイマイチ(株主優待もやっていない)
  2. 28期連続増配は日本企業の中では断トツに長く今後も期待できる
  3. 景気低迷によって株価下落のリスク・含み損の時期はある
  4. 購入単価は高いがボーナスなどで積み増す長い付き合いにより、キャピタルゲイン(=配当)をジワリともらえる!

 

それでは、一つ一つ見ていきましょう!

連続増配を続けまくる花王株は買いなのか。配当や株主優待は?

Mさん
Mさん
花王の決算は順調、28年連続増配中と良いことばかりだけど、優待がない、株が高いなどの問題点もあります。

簡単に花王の業績や配当動向などについてみてみましょう。

会社そのものや業績は良いのですが、株主優待がなく購入するにはちょっとお高め、というデメリットがありますね。

花王の決算は順調だが、陰りが見えてきたか?

まずはざっと花王の決算を見てみます。

2019年2月に発表された決算では、売上高は約1兆5千億円と前年比で1.2%プラス。

また、営業利益も2,077億円で1.4%プラスと6期連続のプラスを達成しました。

このように一見するとかなり順調のように思えます。

しかし、日経新聞の記事によれば、今後は中国事業についてやや厳しい戦いを強いられる予想も出ており、今後の事業に注目ですね。

19年12月期の営業利益は前期比8.3%増の2250億円を見込むが、達成に向けたハードルは高い。米中貿易戦争の影響などを受けて中国国内の消費が減速しつつある。さらに1月には中国で通販事業者の規制を強化する電子商取引法が施行された。これまで日本国内で花王製品を調達してきた輸入業者による購入が落ち込む可能性が出ている。
出典:日経新聞記事より抜粋

また、今後は消費税増税などもありますから、景気全体としてはやや暗めですね。

しかし、花王の製品自体は生活に密着している製品なので、そこまでは大きく経営の屋台骨が崩れるようなことはないのではないかな、と思うところですね。

 

花王は28年連続増配中、しかし・・・!?

Mさん
Mさん
花王は28期連続増配中ですが、そこだけに注目するとちょっと危ない。

まずは、以下のグラフをご覧ください。

花王 連続増配花王 28期連続増配(出典:花王)

1988年より28期連続増配。

これは日本企業の中では断トツの長さになっていまして、来期2018年度も10円増配を予定しています。

この点だけ見れば、長期に保有していると非常に良いのではないかと思うところですね。

しかし、残念ながら配当利回りはそんなに高いとは言えません。

約1.7%となっています(2019年2月8日現在)

また、後述するように花王は株主優待をしていませんから、配当利回りだけを見るとちょっと劣る印象ですね。

2019年5月8日追記
同日現在は約1.5%となっています。
超大型連休明け、株価が上昇していますね。

 

花王の株は高い、今後の動向は?

続いては株価です。

最近のアベノミクスのおかげもあってか、株価は右肩上がり、現在の株価は非常に高額となっています。

花王株価推移花王株価推移(出典:ヤフーファイナンス)

 

2019年2月現在では約8,000円前後あります。
※現在は8,500円を大きく超える水準です(2019年5月)

花王の最低取得単元は100株ですので、購入するには80万円近いお金がかかることになります。

普通に毎月積み増す、というのはできるレベルの株価ではありませんね。

また、ほんの4-5年くらい前は約2,000円前後で推移していた時期もあり、この時であれば購入は可能でした。

しかし、現在はアベノミクスの影響もあり、非常に高額となっています。

これは花王だけに言えることではなく、個々の銘柄にもよりますが一般的に日本株式全体としても大きく値上がりをしている状況でもあります。

つまり、今後懸念される景気減速の影響を受けやすく、そうすると株価も下落の可能性もあるということです。

景気が悪化? 株価の動きは? IMFが世界経済成長を下方修正
景気が悪化? 株価の動きは? IMFが世界経済成長を下方修正 あなたもご存知の(?)、IMF(国際通貨基金)は世界経済の減速を予測しました。 え? IMFを知らない? ミッションインポッ...
中国新車販売減少で中国経済の落ち込みが顕著になるのか?
中国新車販売減少で中国経済の落ち込みが顕著になるのか?世界経済における中国の影響力というのは、今は無視できない水準に来ていますね。 よく「米国がクシャミすると、日本は風邪をひく」なんて...

 

花王には株主優待はない!

安定的・継続的な配当の実施を通じた利益還元を重視しており、自社製品などをお届けする株主優待制度はありません。
出典:花王

花王には株主優待はありません。

この点からしても、配当利回りだけというのはちょっと不満な点はありますね。

日用品をメインに扱っている会社ですから、株主優待も実施してもいいと思うのですが、花王の社の方針としてはやっていない。

ここは残念ポイントではあります。

ツレ
ツレ
アタックとかくれればいいのに!
Mさん
Mさん
まーまー、落ち着け(笑

 

花王の株のおすすめ購入法

長い付き合い、花王の株のおすすめ購入法長い付き合いが必要ですよ!
Mさん
Mさん
花王は優良企業。
ただし、購入を考えるのであれば長い付き合いと、適度な買増しが必要かも。

花王は日用品などを扱う不況にも強い、いわゆるディフェンシブ銘柄であるとも言えます。

業績は景気によって変動はしますが、この先もそれなりに安定した業績が期待できます。

しかし、いつ買うか、どういうタイミングで購入するかということには頭を悩まします。

ボーナスで花王株を購入する

考えられるのはボーナスです。

というのも、数年前ならともかく、今は購入するのに80万円近いお金が必要です。

したがって、毎月というわけにはいかず、ボーナスによって年1-2回の購入が現実的ですね。

 

花王株の継続的な購入と長いお付き合い

Mさん
Mさん
今後を考えると結構重要です!

ウォーレンバフェット氏も、以下のように述べています。

今後10年間市場が閉鎖しても喜んで持ち続けられる株だけを買いなさい。
永遠に株(企業)を保有し続けることを好む。

つまり、本当に花王という会社が好きで、信用でき、長期的な付き合いができるとしたら購入すべき、ということです。

ただし、現実的には現在の株価は非常に高い水準にあるんじゃないかと考えるところです。

このため、今後の景気後退になった際には長期の含み損を抱える可能性もあります。

このため、花王株購入に際しては上記したようにボーナスによる年1-2回の購入をおすすめします。

いわゆるドルコスト平均法ですが、こうすることにより株価が下がっても平均購入単価を平準化することができますね。

8,000円の時と2,000円の時に100株ずつ買えば、平均取得単価は5,000円になります。

同じお金を出すとして8,000円の時に100株、2,000円の時に400株なら3,200円になりますね(ドルコスト平均法)

長期に持っていれば、その間も配当金はしっかり出続けますから、これは非常に良い買い方になるといえます。

今後、景気が悪くなって花王自体の株価も下がるとすると、景気回復・株価回復までの含み損には耐えなければならないですけどね。

もっとも、景気自体は循環しているので、不景気に入ったら次に来るのは好景気しかないので、長期保有ならジタバタせずに淡々と株を積み上げていけばいいだけの話です。

花王は配当政策をかなり重要視しています。

なので、今後も増配・配当の連続性は期待できますから保有している間はキャピタルゲイン(=配当)をしっかりともらえることになります。

含み損がつらい?資産3,000万で300万が含み損でも安心な理由
含み損がつらい?資産3,000万で300万が含み損でも安心な理由 あー、景気が悪くなって、株価がぁ! インデックスファンドに投資しているけど、評価額がマイナスになってきてしまった! ...

 

まとめ:花王の株は長い付き合い、買い増しは必要です

まとめます!

  1. 花王は配当利回りはイマイチ(株主優待もやっていない)
  2. 28期連続増配は日本企業の中では断トツに長く今後も期待できる
  3. 景気低迷によって株価下落のリスク・含み損の時期はある
  4. 購入単価は高いがボーナスなどで積み増す長い付き合いにより、キャピタルゲイン(=配当)をジワリともらえる!

 

繰り返します。

本当に花王という会社が好きで、信用でき、長期的な付き合いができるとしたら購入すべき。

これにつきますね。

配当利回りはイマイチですが、持っていれば持っている期間だけ、しっかりと配当は入ってきます。

ドルコスト平均法により平均取得単価を平準化できれば、次に来る景気回復の際には積み増した株価が大きく花開く可能性も高い。

いかがでしたでしょうか?

花王株、付き合うなら、長い付き合いですね!

あなたによりよい未来が訪れますように!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★