景気や経済の動き

年収800万以上でも離婚したい「給料が低い」頭に何かわいてる?

年収800万以上でも離婚したい「給料が低い」頭に何かわいてる?

ここ数年は全体的にも景気が良くて、転職市場も活況です。

また、給料自体も一部上場企業を中心にわりと高い傾向にあるとされています。

そんな中、ちょっとした記事を見つけました。

年収800万や1500万以上の収入の夫を持つ既婚女性へのアンケートですが、高収入である彼らの奥さまの多くが「低収入」を理由に離婚を望んでいるとのこと。

びっくりですね。

 Yahoo!ニュース

参考にさせていただきました 

「仕事が原因で離婚したい」と思われる夫、1位は「年収1500万円以上」 その理由は…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000061-zdn_mkt-bus_all
最も「仕事が原因で離婚したい」と妻に思われているのは、年収1500万円以上の人――リス – Yahoo!ニュース(ITmedia ビジネスオンライン)

 

年収800万以上でも離婚したい「給料が低い」頭に何かわいてる?

年収800万以上でも離婚したい「給料が低い」頭に何かわいてるんじゃない?鬼だ…
Mさん
Mさん
正直、この記事見た時に、吹いたよ!
ツレ
ツレ
離婚はしないので、どんどん稼げよ!
Mさん
Mさん
はい…。

まさに驚愕の記事。

いや、いろいろご不満はあるでしょう。

でもね、年収800万や1500万以上が「低収入」ですか!?

 

年収1500万以上でも離婚したい既婚女性

上記の記事によれば、離婚したい理由は次の通りとなっています。

年収1500万以上では、残業が多い(100%)に次いで「給料が低い」がなんと50%。

年収800-1000万円でも、残業に次いで「給料が低い」が33.3%をしめます。

ちなみに転職サイトで有名なdodaさんの調べによると、年代別の平均年収は20代が346万円、30代が452万円、40代が528万円、50代以上が645万円ということです。

このデータは、他のサイトでもおおむね一緒ですね。

つまり、あくまでも平均値ですが、1500万などはトップオブトップ、800万円以上貰っている人だって、20代なら倍以上、50代以上でたくさんもらっている世代平均よりもさらに100万円以上多い。

ここまでの年収を得るには、相当な努力がこれまでにあったことは簡単に推測できます。

  1. 高学歴で良い企業に勤めているということは学生自体にたくさん勉強を頑張ってきた。
  2. 地位が高く給料をたくさんもらっているということは、それだけ仕事をきっちりとこなしてきた。

こうしたように、高収入を手に入れるためには、並々ならぬ努力をしてきているわけです。

こうした高収入の夫との離婚したい理由に「低収入」があるというのが、ちょっと信じられない。

ほんと、頭に何か変なものでもわいているんじゃないか?

などと思ってしまいますね。

私なら、「低収入だから離婚したい」などと言われたら、逆にこちらから別れたいですよ!

ツレ
ツレ
まぁ、働けよ!
Mさん
Mさん
はい…。(本日2回目)

 

富裕層の定義と、私たちがどのようにしてなれるのかを考える
富裕層の定義と、私たちがどのようにしてなれるのかを考える2012年に本格的に始まったアベノミクス。 また、同時に10年近く続いた米国の景気拡大局面。 こうした中、いわゆる富裕層とい...

 

年収がいくら高くても、家族サービスやワークライフバランスは大切ですね!

Mさん
Mさん
ワークライフバランスや家族サービスは、ある種の「資産運用」ととらえる考え方です。

離婚したい理由が「低収入」であること。

しかし、それ以外の理由としてトップに来ているものは「残業が多い」こと。

これは実際によくわかります。

相当低収入であればともかく、残業が多いということは、その分、家族とのコミュニケーションが取れていないということにつながります。

特に男性、私も自戒を込めて振り返りますが、仕事をしてたくさん給料を家庭に持ってくることが役割の一つと考えている節がありませんか?

確かに、冷え切った夫婦であれば(笑)、夫を単なるATMとして、むしろ「亭主元気で留守が良い」などと、コミュニケーションを取りたくないとする妻・配偶者もいるでしょう。

でも、それで幸せでしょうか。

結婚をして家庭を持っていれば、仕事はとっても大切ですが、その仕事をきっちりとやれるのはいっしょに生活をしている妻・配偶者ですよね。

コミュニケーションがなければ、どんどんと疎遠になっていって、話すのもおっくうになってくる。

余計、仕事に逃げるようになる。

でも、仕事はいつか終わりますよね。

そうすると残っているものって家族じゃないですか。

悲しい、寂しい老後は迎えたくありません。

このブログでは、主に「お金」に関する資産運用を中心に書くことが多いです。

ですが、ある意味ではワークライフバランスをきっちりと守り、家族サービスに努めることが、より良い老後を迎えるための、ある種の「資産運用」ということができますよね。

しっかりと今のうちから積立=家族サービスを行っておく。

お金と同時に家族・配偶者との関係もきっちりと積み立てを行っておく。

そして、楽しい老後を迎える。

素晴らしい超長期的な「資産運用」ではないでしょうか?

お金を貯めこむ人生がこんなにむなしいこととは思わなかった
貯金だけの人生がこんなにむなしいこととは思わなかったちょっと刺激的な、タイトル名になってしまいました。 最近、ちょっと思うところがありまして。。。 先日、実家に帰省した時に老父...
老後、貯金。いくらあれば大丈夫なの?
老後、老後、老後、貯金、貯金、貯金。いくらあれば大丈夫なの?人生100年時代。 厚労省が発表した「平成29年簡易生命表」によれば、日本人の平均寿命は男性81.09歳、女性87.26歳となって...

 

まとめ:年収800万以上もあって、そんなことを言う配偶者はとっとと離婚!

まとめます!

  1. 年収800万以上あって「低収入」をぶちぶち言われるなら、とっとと別れたら?
  2. ワークライフバランス・家族サービスはすごく大切!
  3. 家族・配偶者へのいたわりはある種の超長期的な「資産運用」である

今回の記事、ちょっとした自戒を込めて書きました!

まぁ、そもそも年収1500万以上になってみたいものです(笑

あなたによりよい未来が訪れますように!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★