将来・老後

手取り20万でもしっかりと生活と資産運用ができる方法はこれだ!

手取り20万でもしっかりと生活と資産運用ができる方法はこれだ!

ヤフーニュースにあったbusiness insiderの記事。

タイトルは「月17万の手取りから株・投信に6万。「ふつうの暮らし」が貯金じゃ無理…」という記事。

これに対して、かなり参考になるんじゃないかとツイートしたところ、割合と多くのインプレッションがありました。

結構、気にしているんでしょうね。

今回の記事では、手取り20万でも資産運用ができるし、むしろすべきである、というところにフォーカスしていきますね!

今回の記事の結論ポイント
  1. 手取り20万でも資産運用をすべきだし、できる!
  2. 住居費・生活費は徹底的に削減する
  3. 資産運用は早めに始める

では、行ってみましょう!

手取り20万でもしっかりと生活と資産運用ができる方法

手取り20万でもしっかりと生活と資産運用ができる手取りが少なくても資産運用の種銭は作れる!
Mさん
Mさん
まずは、具体例を挙げながら手取り20万円で種銭を作る方法を書いていきます。

このビジネスインサイダーの記事によれば、主人公は手取り17万とのこと。

年収は300万みたいです。

しかし、あくまでも生活で手一杯ということであると参考にならないし、あまりにも低すぎるのもなんなので、20万円としてみます。

もっとも、手取り17万でも20万でも、これから書いていく考え方自体は変わりませんけどね。

手取り20万なら徹底的に住居費は削減

一般的に住居費は手取りの3割にしろ、ということがよく言われます。

確かに若年層のころで手取りが少ない方はその通りですね。

また、今後、給料も格段にアップしないかもしれないことを考えると、生活費に大きな固定費としてかかってくる住居費はなるべく安く済ませることが望ましい。

最高のものは「実家」です。

多少、実家にお金を入れたとしても一人暮らし、特に都市部でアパートなりマンションを借りて暮らすよりも全然お得です。

他方で、一人暮らしの場合は、いくらくらいを目途にしたらいいでしょうか。

手取り20万の3割ということを考えると6万円ということになりますね。

実際に一人暮らしをしている方で不動産屋さんなどを回った方ならわかると思いますが、この6万円という目標は決して遠くないです。

むしろ、かなりいい部屋に住めるんじゃないか、というレベルのお金。

おおむね以下の5つが家賃を決めるポイントとなってきます。

  1. 立地
  2. 広さ
  3. 築年数
  4. 設備
  5. 駅からの距離

個人の趣味や生活にもよりますが、この項目からあなた自身の優先順位を判定してみてください。

私は新卒で就職したところが、残業代や諸手当込みで手取り23万くらいありました。

最初に住んだ住まいは東京のど真ん中、四谷三丁目。

14平米ワンルーム:ユニットバス付

築30年以上たったボロアパート、ベランダ無し(部屋干し)

駅から徒歩10分

でも、家賃が4万8千円と激安だったんです。

もちろん、15年以上前の話ですし、実はそのアパート、今は取り壊されてしまっているのですが、参考にはなるでしょう。

あらかじめ希望する条件(立地や家賃など)を決めて、しっかりと不動産屋さんを回って、目星をつけて決めることです。

ともかく、手取り20万の方でも14万以上のお金が残ることになりますよね。

これが、資産運用の「種」になりますよ!

 

ちなみにこちらの記事もご覧ください。

こちらの記事では、通勤時間も削減すべき対象であることも書いています。

独身はミニマリストで十分、お金・時間・資産運用の3つを同時に実現
独身はミニマリストで十分、お金・時間・資産運用の3つを同時に実現最近、結構流行っているミニマリストという生活。 これ、実は本当に合理的な生活様式だと考えます。 なぜなら、お金、時間、資産運...

 

手取り20万なら全てのことに節約意識を持つこと

Mさん
Mさん
残り14万あるといっても、油断するとすぐになくなってしまいます。

ハッキリ言って、手取り20万、家賃を引いて14万で1か月を生活しようと思ったら結構大変です。

光熱費、携帯等の通信費、保険料、食費、交際費(飲み会など)、などなど、お金が飛ぶように消えていきます。

そのためにも、普段の生活費については極めて慎重かつ大胆に切り詰める必要があります。

特に手を付けられるのが、携帯・通信費、食費、交際費です。

  1. 携帯はすぐにでも格安スマホ・通信会社に変えましょう。
  2. 食費は基本的に自炊をおすすめします。また、水筒は持参が絶対です。
  3. 余計な飲み会はなるべく断りましょう。

この3つを実践するだけでも、相当程度出費を抑えることができます。

 

1万近く払っていたキャリア携帯を格安スマホ・通信会社に変えるだけで数千円浮きます。

夕食を定食屋やコンビニなどで食べるより、ご飯を炊いておき1-2品さっとおかずを作る。

コンビニや自販機でお茶やジュースなどお金の無駄以外のなにものでもない。

飲み会だって1回行けば数千円。仕事の付き合いで支障をきたさない限り断るのが良し。

ともかく、大切なことはすべての行動、やること、それらに節約意識を持つことです。

 

そして貯めた「種銭」はぜひ資産運用に回すべきです。

単に貯金をしているだけでは何も生みだしません。

しっかりとお金に働いてもらいましょう!

具体的な資産運用方法に続きます!

 

手取り20万円の資産運用方法【具体例あり】

手取り20万円の資産運用方法【具体例あり】いくつかの資産運用の方法を教えますね!
Mさん
Mさん
ここからは人によってはいくつかの方法があると思います。

貯金、いわゆる現金はかなり少ない割合でもいいと思います。

30~40万程度、つまり2-3か月生活していける程度が貯まったら、それ以降は投資に回してもいいかなぁと思うところです。

上記で紹介した記事の主人公は、以下の通りでした。

4万円:株式購入

2万円:投資信託

3万円:貯金

数万円:実家

しかし、この方は実家暮らし。

あなたは20万手取りで住居費、生活費などを除くとどのくらい残っていますか?

私は概算で10~13万くらいは残りました。

つまり、家賃を5万円弱、生活費は5-7万程度に抑えていたことになります。

手取り20万なら家賃+生活費で7~8万は残しておきたい。

 

そうなると残ったお金を資産運用に回すとして、どうするか?

  1. 投資信託の積立
  2. 個別株への投資(買い増しが前提)
  3. ロボアドバイザー・ソーシャルレンディング

 

投資信託への積立投資

おすすめなのは投資信託の積立です。

今ならNISAという税制もお得なものがありますし、毎月一定額を投入するドルコスト平均法でやっていくので、上がった下がったということに一喜一憂せずに済みます。

商品もたくさんありますけど人気のemaxisシリーズなどもいいですね。

サラリーマンは積立型投資信託を将来の貯金として積み立てる
【長期投資のすすめ】インデックスファンドを積立てて将来に備える今は景気が良い(悪い)かも知れないけど、将来の子供の学費も必要だし、年金も危ないし、お金、どうしよう…。 でも、リスクはとりたくな...

 

証券会社に口座を作る方法はこちらです(個別株投資にも必要ですよ)

SBI証券口座開設手順
【初心者必見】SBI証券の口座開設の仕方、画像付き徹底解説私が以前からお世話になっているSBI証券。 米国株式をはじめ海外の株式も変えてとっても便利! ちなみに米国株取引ができるのは...

 

個別株への投資(買い増しが前提)

また、好きな企業に投資をするのもいいでしょう。

こちらは個別株投資になるので、しっかりと投資する企業を見定めましょう。

また、購入にかなり高額になる企業もあるのでボーナスによる購入を考えてもいいですね。

気を付けなければならないのは、買い増しを前提とすることです。

個別企業の株価は業績が良くても景気によって下がることもありますから、そうした時は追加的に購入するのが効果的です。

俗にナンピンとも呼ばれていますが、私自身はドルコスト平均法と同じ考えでいいと思っています。

つまり、株価が下がって安い時には安い値段でその企業の株価が買えるという考え方です。

 

ロボアドバイザー・ソーシャルレンディング

最後にロボアドバイザー・ソーシャルレンディングです。

これも毎月一定額で投資ができたり、投資をしたら満期まで放置していく方法です。

後者は満期といっても1年くらいなので超長期の投資ではありません。

ロボアドバイザーでしたらウェルスナビ。

ソーシャルレンディングであればFundsが非常に有名ですね。

ウェルスナビも毎月1万円から積立ができます。

ウェルスナビの資産運用、評判・メリット・デメリットはどうなの?
ウェルスナビの資産運用、評判・メリット・デメリットはどうなの?もしかしたらあなたも一度は聞いたことがあるロボアドバイザーによるウェルスナビ! CMでも盛んにやっていますよね。 今回はそん...
大人気のFundsをまるっと解説(面倒な説明一切なし!)
大人気のFundsをまるっと解説(面倒な説明一切なし!)今、巷(ちまた)で大人気のFundsって知ってます? え? 知らない? これ、凄い人気なんですよ。 では、そんなあなたのため...

 

手取り20万でもコツコツと積立「投資・資産運用」をしよう

Mさん
Mさん
大切なことは継続して積み立てて投資・資産運用をすること

3つほど具体例を挙げました。

もう気が付いたかもしれませんが、基本的に積立・積み増しが重要となってきます。

毎月のお給料をコツコツ貯金ではなく、「投資」「資産運用」に回す。

特に20代のころでしたら、急に大量の出費が必要になるわけでもありません。

したがって、2-3か月程度の生活費が手元・銀行口座にあったら、残りは投資や資産運用に回してもいいかな、と思うところです。
(※もちろん、その金額はご自分で判断がひつようです)

また、資産運用は基本的に配当金をゲットするインカムゲイン(=配当)投資です。

そうすると長期で運用すればするほど、それだけ多くの株式数を保有することができ、同時にそれだけ多くの配当金も得ることができるということになります。

正直、私ももっともっと若いころから、むしろ新入社員のころから始めればよかった。

あの時は、普通に財形貯蓄という名の「貯金」をしていただけでした。

あの時から資産運用を始めていれば今頃…。

あなたは絶対にそうなるべきではありません。

そして、その資産運用、手取り20万でも十分にできます!

この先の厳しい経済事情、高齢化社会を迎えるにあたって、生活の基本となる「お金」はしっかりと増やしていきましょう!

老後に備えて株式投資をしよう。物価上昇があっても年金はもらえないかも
老後に備えて株式投資をしよう。物価上昇があっても年金はもらえないかも将来の不安のために何をしたらいいのか…。 あなたも実際にこうに思っているんではないですか? 今現在は、勤めている会社の業績が...
日本の今後のインフレに備えるため、株式投資を理解しないとヤバいよ
日本の今後のインフレに備えるため、株式投資を理解しないとヤバいよ現在、アベノミクスの三本の矢によって、物価上昇率(インフレ率)を2%まで引き上げようとしています。 しかし、なかなかうまくいきませ...

まとめ:手取り20万でもしっかりと生活と資産運用ができる!

まとめます!

  1. 手取り20万でも資産運用をすべきだし、できる!
  2. 住居費・生活費は徹底的に削減する
  3. 資産運用は早めに始める

 

手取りが少ないといって嘆いているだけでは何も始まりません。

転職もいいでしょう。

その会社で仕事を頑張って出世=給料を上げる方法を選んでもいいです。

しかし、資産運用はそれらを待つのではなく、今、手取りが少ない状態からでもすぐに始められます。

グダグダとしているとすぐに年を取ってしまいますよ!

あなたによりよい未来が訪れますように!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★