家計・節約

ポテトチップスや缶詰の値上げや増税 日本の終わりの始まりなの?

ポテトチップスや缶詰の値上げや増税 日本の終わりの始まりなの?

大手菓子メーカーのカルビーが2019年5月より主力商品の値上げを実施するニュースが大々的に報じられました。

暮らしに身近な商品の値上げが相次ぐ中、大手菓子メーカーのカルビーは、ことし5月から、順次、主力商品のポテトチップスなどをおよそ10年ぶりに値上げすることになりました。
出典:NHK

このニュースはNHKだけではなく、民放各社でも大きく報じられました。

この他に缶詰めなども値上げがなされています。

たかがポテトチップスと侮るなかれ、これって将来の私たちの暮らしに非常に大きな影響となることなんですよ!

こうした現状と解決策をちょっと書いていきたいと思います!

今日の記事の結論ポイント
  1. 各種値上げ・増税は給料が増えない私たちにとって将来のネガティブ要素
  2. これらに対抗するためには資産を増やすしかない
  3. 転職、節約(支出削減)、資産運用の3つが考えらえれる

ポテトチップスや缶詰の値上げや増税 日本の終わりの始まりなの?

ポテトチップスや缶詰の値上げや増税給料は増えないのにいろいろ値上げされる!
Mさん
Mさん
なぜ、こんなに大きな見出しなのかちょっと説明するね。

上でも書きましたようにたかがポテトチップスではありません。

これを皮切りに他の商品の価格なども上がっていく可能性がありますよ!

 

ポテトチップスや缶詰の相次ぐ値上げは何を意味する?

NHKが報じるところによると、今回の値上げの要因はいろいろあるようです。

小麦粉などの原材料や段ボールなどの価格の上昇に加え、物流費も上がっているためだとしていて、「自社の努力だけでは価格を維持することが極めて困難な状況で、お客様にはご理解いただきたい」としています。
出典:NHK

ポイントは下線で引いたところ。

これってポテトチップスだけに限らないですよね。

現在の円安水準はこれが適正なのか私は経済学者ではないのでわかりません。

しかし、円安によって輸入原材料費が高まっているのは確かです。

また、物流費も上がっているというのは原油価格や物流にかかる人手不足ということが原因とされています。

円安は輸出企業にとってはいい影響です。

例えば、日本の大きな輸出産品である自動車や機械機器のメーカーなどは円安の影響を受けて売り上げを伸ばしています。

したがって、一概に円安が悪いとまでは言えませんが、これは後で後述するようにそうしたメーカーから派生する中小企業の給与が上がっていないことがあげられます。

物流における人手不足は深刻とされています。

トラックドライバー有効求人倍率トラックドライバー有効求人倍率(出典:国土交通省)

 

この表を見ると、全業種に比べて突出して有効求人倍率が高い。

これはとりもなおさず、トラックドライバーが不足しているという現状があるということです。

こうした事態に対応するために、業界ではあの手この手で求人を募集しているがなかなか集まらない現状があり、必然的に給料なども高くなります。

そうすると物流コストの増加につながる、そういうことになります。

もちろん、最近の原油価格の高騰もその要因の一つでしょう。

原油価格推移原油価格推移(出典:世界経済のネタ帳)

 

問題は、この値上げ問題がポテトチップスや缶詰だけにとどまらないことです。

だって、普通に考えれば、ほとんどすべての物理的な商品は物流という実際の状況を経て、我々消費者に届きます。

為替にしても円安が悪い、円高に直せば食糧が安く手に入ると短絡的ではだめですよね。

書きましたようにそれでは日本の基幹産業である輸出企業がまいってしまいます。

そうすると業績不振→給料カット、という何ともわかりやすい構図ですね。

 

給料は増えていないのに物価が上がる

さらに問題は給料が増えていないという現状もあります。

全体の平均値でとっても、1990年代後半には460万円以上あったものが、2017年には430万円あまり。

この間、世界経済が順調に伸びてきている間にも、私たちの給料は増えていません。

さらに悪いことには、給与も格差が広がっていることです。

上記はあくまでも「平均値」にすぎません。

高い給料の人が「平均」を押し上げている。

このため、本当に中央に位置する人がどのくらい貰っているか。

それが「中央値」になります。

平たく言えば、ざっと見渡しての平均だなぁと思うのは、この「中央値」ということになります。

各種の統計によってもその数値が異なっているようですが、だいたい1割くらいは少ない。

いずれにしても、以下のことがわかると思います。

  1. 20年以上も前から給料は上がっていない
  2. それにもかかわらず、この20年間で消費税増税だけではなく、今回こうした値上げもなされる
  3. さらに、今後より広範な品物などの値上げが予想される

これって、ほんとにヤバいですよね。

どんどんじわじわと真綿で首を絞められているみたいです。。。

 

2019年10月には消費税増税!

さらに、2019年10月には消費税増税が実施されます。

食料品などは除外対象になるようですが、その他で買い物をするすべてのものの税金が2%アップします。

2%ですよ。

今の銀行預金金利って。。。0.0000000000000000000…。

毎年2%給料って昇給します?

定時昇給はするけど、ボーナスも含めればマイナスになる年もあるんじゃないですか?

全くやれやれな状態が続く、さらに上乗せされるってことですよね。

 

日本の終わりの始まりなのか?

日本がすぐに終わりになる、ということはないかもしれません。

しかし、こうしたネガティブな現状と将来予想を考えあわせてみると、少なくとも楽観できる未来ではないですよね。

それに備えるために、とりあえず考え付く3つの方策を以下に書いていきます!

 

値上げや増税に対抗するには自分の資産を増やすしかない

値上げや増税に対抗するには自分の資産を増やすしかない資産を増やす! これが解決策だ!
Mさん
Mさん
積極的に資産を増やすしか生き残れない…?

徐々にのしかかってくる値上げや増税。

それに対抗するためには、自分の資産を増やす必要がありますね。

具体的に考えられるのは以下の3つ

  1. 給料を上げる
  2. 節約をする(支出削減)
  3. 資産運用をする

 

各種の値上げ・増税に対抗するために給料を上げる

これは今の仕事を頑張って昇給やボーナスを勝ち取るしかないってことです。

サラリーマンであるなら一定の給料は入ってきますが、それが低いままだとじり貧ですよね。

だったら一生懸命仕事を頑張るしかないです。

で、それでも目が出ないとなれば、「転職」して給与を上げるしかないですね。

 

節約をして支出を削減する

次は支出面です。

収入が増えないのであれば、総資産を増やす方法の一つは支出を減らすことです。

無駄な支出がないか徹底的に自分の生活を振り返ってみる必要があります。

【すぐに読める】サラリーマン世帯でも実践できる簡単節約法
【すぐに読める】サラリーマン世帯でも実践できる簡単節約はこれ!前置きは無しで! さらっと読んでみて! 今からでも簡単に実践できる節約法、あなたの家でも試してみてね! 【すぐに読める】サ...
独身はミニマリストで十分、お金・時間・資産運用の3つを同時に実現
独身はミニマリストで十分、お金・時間・資産運用の3つを同時に実現最近、結構流行っているミニマリストという生活。 これ、実は本当に合理的な生活様式だと考えます。 なぜなら、お金、時間、資産運...

 

資産運用で資産の拡大を目指す

最後がこれです。

さまざまな資産運用の仕方があります。

しかし、リスクも少ないやり方としては積立・分散・長期で資産運用を行うことがとても重要です。

個別銘柄株式でも投資信託でも、その基本はコツコツと長期で積み立てていくこと。

そして、配当収入による利益(=インカムゲイン)を狙う投資が一番いいでしょう。

給与をもらったらコツコツと「貯金」ではなく、しっかりとした投資信託商品や銘柄に分散して「投資」を行う。

貯金では現在の金利だとほとんどカスのような利子ですが、株式であれば配当収入が見込めます。

値下がりをしても分散して積み立てていけば、取得価格も長い目で見れば平準化されていきます。

ウェルスナビの資産運用、評判・メリット・デメリットはどうなの?
ウェルスナビの資産運用、評判・メリット・デメリットはどうなの?もしかしたらあなたも一度は聞いたことがあるロボアドバイザーによるウェルスナビ! CMでも盛んにやっていますよね。 今回はそん...
【米国株】アルトリア、フィリップモリスなどタバコ業界の今後は?中長期投資先としてのアメリカのたばこ産業の今後についてはどうなんでしょうか? いわゆる高配当株として、あなたも投資していませんか?...
日本の今後のインフレに備えるため、株式投資を理解しないとヤバいよ
日本の今後のインフレに備えるため、株式投資を理解しないとヤバいよ現在、アベノミクスの三本の矢によって、物価上昇率(インフレ率)を2%まで引き上げようとしています。 しかし、なかなかうまくいきませ...

 

まとめ:ポテトチップスや缶詰の値上げは何かの序章かも知れない

まとめます!

  1. 各種値上げ・増税は給料が増えない私たちにとって将来のネガティブ要素
  2. これらに対抗するためには資産を増やすしかない
  3. 転職、節約(支出削減)、資産運用の3つが考えらえれる

 

ダイブネガティブなことを書いてしました。

しかし、このくらいの緊張感をもって、「お金」「資産」というものに真面目に取り組む必要があると思います。

今回のポテトチップスや缶詰の値上げって、今後来るべき未来のネガティブな要素の第一歩ではないかという危機感ですね。

頑張って、資産を増やしましょう!

あなたによりよい未来が訪れますように!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★