日本株

サンバイオ急落を受けて一攫千金の夢は捨てたほうが良いということ

サンバイオ急落を受けて一攫千金の夢は捨てたほうが良いということ

2019年1月に入ってからサンバイオの下落が止まりません。

下落というか、暴落に近い。

こういう時の個人投資家としてのマインドについてちょっと考えてみたいと思います。

今回の記事の結論ポイント

〇バイオ関連株はハイリスクハイリターン
〇好きで分かっている銘柄を買うことの重要性
〇サンバイオが好きで将来性もあると考えるなら、暴落時がチャンスなので買い増す

サンバイオ急落を受けて一攫千金の夢は捨てたほうが良いということ

Mさん
Mさん
凄まじい値動きを見せているサンバイオ。
私たち個人投資家はこの動きをどうに見ればいいのでしょうか。

東証マザーズで時価総額が6,000億円近くにもなったサンバイオ株。

2019年1月29日に発表した治験の失敗から、株価が急落しています。

また、バイオ関連株も軒並み引きずられるように下がっており、サンバイオショックなんて言葉も出ていますね。

サンバイオは最近の急騰具合が異常

長期投資家で、サンバイオが好きな人で、この会社の行く先を本当に信じている人。

こういう人なら、別に株価が下がったところで、将来的にも伸びることを信じてホールドするのが一番いいでしょう。

しかし、普通の人はそうはいきません。

株価が下がるとやっぱり狼狽しますよね。

ちょっと、最近のサインバイオの株価動向を見てみましょう。

サンバイオ株価動向サンバイオ株価動向(出典:ヤフーファイナンス)

2019年1月後半に入ってからの株価の下落がえげつないですよね。

しかし、その前までの2カ月間で株価が4倍近くにも上がっています。

2018年11月に、今回の暴落の原因に名行ったSB623の試験結果が良い方向に出たということで株価が急騰しました。

普通で見ると、最近ではちょっと珍しいくらいの異常すぎるほどの急騰ぶりということが見て取れます。

 

バイオ技術って知っています? ハイリスクハイリターン

バイオ技術って知っています? バイオ・再生医療って知っています?
Mさん
Mさん
サンバイオで被弾したという人は実際に同社の技術などを知っていたのでしょうか?

以前、記事でも書いたバフェット氏は、このように述べています。

リスクはあなたが何をやっているか理解していない時に起こる。 

これは、どのような会社か知らないのに投資するのはやめましょうねっていうことです。

実際に、今回のいわゆるサンバイオショックで被弾した人って、どのくらい同社の技術を知っていたのでしょうか?

私自身は、同社の技術は同社のホームーページを読んでも全くわかりません。

再生医療技術、何となく将来性がありそうだな。

そのくらいの認識しかできません。

ましてや同社で開発されている新薬の治験など全くわかりません。

ただし、何となくですが、以下のことは想像できました。

一極集中のベンチャー、特にバイオって、何かあると暴落するんじゃないかな…。

よくわからなかったから、あまり調べもしていませんが、感覚論としてこんな感じを持っていました。

だから、買わなかったということがあります。

確かにバイオ関連は、治験が成功したとか、大手の企業と共同研究に入るなどのニュースがあると爆上げすることが多い。

でも、逆もまた同じなんですよね。

しかも、その時のボラティリティ(株価変動)があまりにも大きすぎます。

まさにハイリスクハイリターンというやつですね。

さらに言えば、その新薬や知見の内容もイマイチ理解できない(笑

資産運用における株式投資は面白い、企業分析して株を買う時の興奮!
資産運用での株式投資は面白い、企業分析して株を買う時の興奮! あなたは株式投資を行う時にどんな基準でやっていますか? その前に、あなたはどのようなことを株式投資に期待していますか? ...

 

コツコツと定期的な積立投資が一番いいことを再認識

Mさん
Mさん
結局は自分が知っている、愛している企業の株を淡々と買い増すことが一番のリスク回避につながる

結局は、次のことが一番いいな、という感触です。

  1. 歴史・財務に安定性があり、市場優位を確立している。
  2. そうした企業の株を、淡々と買い増す。
  3. 途中に含み損の期間があっても配当は出るし、買い増すことで平均取得単価も平準化できる。

長期投資家の見本みたいなことを言ってしまいました。

しかし、結局はこのような結論になるんじゃないかと思いますよね。

サンバイオに自信があるなら、淡々と買い増せばいいと思う

Mさん
Mさん
サンバイオに自信があるなら、今は相当のチャンスってやつです!

結局、株価が下がった時に狼狽売りをしてしまえば、そこで損失は確定です。

もし、あなたがサンバイオの技術、将来性に自信があるのであれば、淡々と買い増せばいいのです。

だって、暴落で相当安くなっていますからね。

かつて購入した単価が非常に高く、含み損をたくさん抱えてたとしても、安い単価で購入できれば平均取得単価も下がります。

 

まとめ:本当にわかっている銘柄にコツコツ投資

今回のサンバイオショックを受けて、改めて認識したことをまとめます。

  1. バイオ関連株はハイリスクハイリターン
  2. 好きで分かっている銘柄を買うことの重要性
  3. サンバイオが好きで将来性もあると考えるなら、暴落時がチャンスなので買い増す

 

最後は長期投資の見本のようなことを言ってしまいました。

でも、本当にバイオ・再生医療技術をわかっていて、それを有している(と思う)サンバイオの将来性があると思っている…。

それであるならば、含み損がどうした?

どんどん買い増すことです。

あなたによりよい未来が訪れますように!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★