SBI証券

【初心者必見】SBI証券の口座開設の仕方、画像付き徹底解説

SBI証券口座開設手順

私が以前からお世話になっているSBI証券。

米国株式をはじめ海外の株式も変えてとっても便利!

ちなみに米国株取引ができるのはSBI証券、楽天証券などですね。

デイトレに人気の松井証券はできないです。

SBI証券のメリットは別途で説明するとして、まず初めに口座開設をしなきゃならないですよね。

口座開設自体はタダ・無料で、しかもサクッとできるので、これを見ながらさっさと開設しちゃいましょう。
もちろん、口座維持費なんかも無料ですよ!
なので、すぐに投資をするという人でなくてもとりあえず口座開いちゃいましょ!

Mさん
Mさん
口座開設とか難しそうと思っているあなたも簡単に口座開設できますよ!
ツレ
ツレ
ど素人でも15分でできます。
とっても簡単なのでやってみてね!

SBI証券口座開設の流れ

これが口座開設の流れです。

なんとまぁ、すごくシンプル。

それでは、画面を下にスクロールして具体的に口座開設始めちゃいましょう!

SBI口座開設①
Mさん
Mさん
マイナンバーを登録して、必要事項を入力すれば、それで終わりです。
ツレ
ツレ
凄い簡単ですよね。じゃ、早速やってみましょう。

【ステップ1】SBI証券のホームページにアクセスしよう

SBI証券口座開設②

こうすると口座開設ページに入れますよ!

【ステップ2】本人確認書類の送付

口座開設に当たって個人番号カードなど本人確認書類が必要です。

3つの方法がありますが、WEBアップロードが簡単!

SBI口座開設③

スマホやデジカメなどで個人番号カード(マイナンバーカード)を写真に撮っておきましょう。

WEBアップロードのところにチェックを入れるとアップロードというボタンが出てくるので、保存した写真をアップロードしましょう。

Mさん
Mさん
まだ、マイナンバーカード持っていない人はどうしたらいいのか?
ツレ
ツレ
その場合は通知カードと運転免許証で対応できます
通知カードをアップロードしたのちに運転免許証のアップロードと名前などの記入が必要になるけどね。

【ステップ3】各種入力

SBI口座開設⑤こういう画面が出てくるので、サクサクと記入しちゃいましょう!

その次は、お名前・ご連絡先等について、という各種入力をしていきます。

ちなみにさっきの本人確認書類の送付と同じページ内なので、下にスクロールしていってね。

名前や生年月日などの入力ですね。サクサクやっちゃいましょう。

特定口座、NISA、住信SBIネット銀行について

だいたいサクサクと入力できますが、特定口座、NISA、住信SBIネット銀行については、ほんのちょっとだけ入力について補足しておきます。

①特定口座は、「開設する(源泉徴収あり)」を選択すればOK
②NISA・積み立てNISAは、興味があればここで申し込みをしちゃえばOK

細かい説明はしませんが、特定口座・源泉徴収ありにしとけば問題ないです。

自分で確定申告したり損益計算をする、という人なら源泉徴収なしや一般口座でも良いですが、たぶん相当面倒くさい…。

簡単に言えば「源泉徴収あり」を選ぶと、例えば株式売却で得た利益、それに対する税金を証券会社が計算して自動的に徴収してくれるというものです。
「源泉徴収なし」だと自分で確定申告をしなきゃならないので非常に面倒くさいんですよ。

NISA・積み立てNISAの口座についても興味があればということですが、積み立てて投資をする人にとっては税金が安くなるメリットがあります。

なので、NISAってそもそも何?という人や積み立てNISAは今後やるかもしれない、っていう人はとりあえず申し込みをしちゃえばOKだと思いますよ。

今はわからなくてもゆくゆく勉強していけばいいんですよ。

住信SBIネット銀行口座開設申込(銀行代理業)は、チェックを入れておきましょう。

別に腐るものではないので、口座を持っていなければ一緒のタイミングなので作ってしまえば簡単です。

今後、米国株式を購入する際にも住信SBIネット銀行は有利になってくるので、一緒のタイミングで作っておくことをおすすめします。

終わったら「次へ」ボタンを押しましょう!

【ステップ4】各種の承認、内容確認

電子交付サービスの承諾やSBIネット銀行などに関する同意が求められます。

チェックをして確認画面へとすると、これまで入力した内容の確認を求められますので、確認しましょう!

Mさん
Mさん
ここまでなら3分でできますね。

完了画面にログイン情報が表示されるので、スクリーンショットやメモなどをしておきましょう。

口座番号、ユーザーネーム、ログインパスワードなどです!

Mさん
Mさん
忘れないようにしましょうね!

【ステップ5】初回ログインフォームへの入力

SBI口座開設④

先ほどメモっておいたユーザーネームとパスワードを入れてログインしましょう。

入力画面が出てきますので、メールアドレス、電話番号、職業などの情報をどんどん入力していきましょう。

分配金・売上の受け取り先口座を選択については、とりあえず自分が持っている銀行口座を登録しておきましょう。

住信SBIネット銀行口座を同時申込されている場合、SBI証券での初回ログイン時の振込先金融機関口座のご登録は、住信SBIネット銀行以外の銀行口座をご登録いただく必要がございます。住信SBIネット銀行を振込先としてご指定いただく場合は、口座開設手続き完了後にご変更手続きが可能となります。 (出典:SBI証券)

 国内株式手数料のプラン選択については、「スタンダードプラン」と「アクティブプラン」の二つがありますが、ご自身の取引ついてあっているプランを選択しましょう!

配当金受領方法については、株式数比例配分方式でOK

Mさん
Mさん
とりあえずの口座開設だし、10万円以下の取引手数料が無料になるアクティブプランを選んでおくのがいいだろうね。
ツレ
ツレ
手数料プランは変更できるからね。それでいいと思うよ。

そのあとは「投資に関するご質問」「アンケート」などもありますが、ゴリゴリ入力をしていきましょう。

Mさん
Mさん
入力疲れが…
ツレ
ツレ
もう少し!

あとはiDeCoの申し込み、信用口座やFX口座などの申し込みがあります。

必要に応じて申し込みをすればいいですが、後ほどいくらでも口座開設や登録ができるので、今はしなくてもいいでしょう。

ハイ、これで入力終了です。お疲れさまでした!

数日後に「口座開設完了通知書兼パスワード通知書」が本人限定受け取り郵便で届きます。

 

まとめ:SBI証券の口座開設はとっても簡単!

最後の質問やアンケートん度が少々面倒くさいと感じたかもしれませんが、それでも順々に入力していけば15分もかからずに入力は終わりませんでしたか?

SBI証券も対応しているようですが、かつてはそれらの手続きをすべて書面で行っていたんですね。本当に大変だったと思います。

でも、それが今やネットでほとんど完結できる時代になってきたんですね。

それはともかく、ちょっとでも株式や投資信託に興味を持ったら、とりあえずサクッと口座を開設しちゃいませんか。

どうせタダなんですしね!

あなたによりよい未来が訪れますように!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★