日本株

株式投資ではリバウンドを狙って利益を取るほうがお得(日本株)

サラリーマンでも実現可能な短期スイングトレード

私自身、日本株にせよ米国株にせよ、その基本はbuy&holdが基本で、長い目で見たインカムゲイン(=配当)投資が中心です。

でも、ただ単にほったらかし投資をしているだけではなくて、相場に参加している感を出すためにも、短期・中期的なスイングトレードも極小資金でちょこっとやっています。

ある意味では、お父さんがお小遣いの中でパチンコをするようなものですかね。

Mさん
Mさん
私自身はパチンコやスロットは一切やりませんよ

こうした短期・中期スイングトレードをするなら米国株より日本株のほうがいいというのを記事にしていきますね。

 

株式投資で日本株をメインに短期的なリバウンドを取るほうがお得

Mさん
Mさん
それでは、なぜ短期トレードでは日本株のほうがお得なのか、有利なのかについて解説していきます。

日本株はわかりやすい(情報が豊富でなじみがある)

Mさん
Mさん
まずは、日本株のほうが日本語での情報が豊富ってことです。

そもそも、日本株であろうが米国株であろうが、株式投資をするためにはある程度その企業の株価動向や、市場全体の方向性を見定める必要があります。

短期・中期のスイングトレードの場合、インカムゲイン(=配当)を狙った超長期の株価保有を目的としません。

スイングトレードの場合は、キャピタルゲイン(=売却益)を狙ったトレードになりますから、株価の上下は大切な要素です(って、当たり前ですね・笑)

この点、ニュースしてもチャートのテクニカル指標の解説にしろ、日本語で読める日本株式や市場動向についての情報が、米国株に比べて圧倒的に豊富です。

つまり、日本株式のほうが、普通の日本人のトレーダーが日本語で情報を得やすい状況にあるといえるからです。

あとは、これはどちらかといえば中長期投資に当てはまることかもしれませんが、日本株のほうが米国株に比べて、自分たちの身の回りにあるものが多いですよね。

なので、投資をする対象のモノやサービスにしても、日本株・日本企業のほうがわかりやすいというのもあります。

こうした豊富な情報により、短期・中期のキャピタルゲイン(=売却益)狙いであるなら、日本株のほうがお得・有利であるといえるでしょう。

 

米国(外国)株取引のデメリットは為替リスク、高手数料、配当金二重課税

Mさん
Mさん
米国(外国)株でスイングトレードしてもいいけど、いろいろ面倒くさいことがたくさんあります。
大きく分けて、為替、手数料、税金の3つがありますので、簡単に解説します。

次に反面教師としての米国株取引におけるデメリットを見てみます。

大きく分けて米国株取引のデメリットは3つあるといえます。

①為替リスク

②高い手数料

③二重課税が発生する

まずは言わずと知れた為替リスクです。

米国株は米ドルで購入することとになりますが、円高ですと米国株式購入のためのドルがたくさん買える=多くの株式購入できる(可能性)ことになります。

他方で、円高だと米国株式の資産評価額は下がりますよね。

例えば1万ドルの米国株式を持っていて1ドル100円から90円になった場合、米ドルの評価額は100万円から90万円に目減りしてしまいます。

もちろん逆に1ドル110円になれば、日本円での評価額は110万円になります。

ただ、この為替の動きはかなり複雑で誰にもわかりませんよね。

 

次に高い手数料です。

有名なSBI証券、楽天証券、マネックス証券では、その売買手数料は約定代金の0.45%となっています。

100万円買い付けるとしたら4500円になりますね。

この点、日本株式の場合の多くの証券会社は数百円単位の手数料です。

また、最低5ドルの手数料がかかるので、約1100ドル以下で手数料負けとなります。

この点、現在では、日本株式の場合は多くの証券会社で10万円以下無料ですね。

 

最後に日本と米国で二重課税が発生します。

米国株配当金には米国で10%、日本でも約20%の税金が発生します。

この点、短期・中期でキャピタルゲイン(=売却益)をメインと強いるのであればさほど問題にならないかもしれませんが、デメリットといえばデメリットですね。

Mさん
Mさん
米国株式で短期・中期投資でのキャピタルゲイン(=売却益)を目的とした取引の場合、特に為替リスクや手数料が邪魔ということがわかりましたか?
ツレ
ツレ
手数料はコストだし、取引の時には為替にも注意しなければならないですね。

 

【注意】短期的なスイングトレードでは損失が出ることもある

Mさん
Mさん
当たり前ですけど、損失リスクについてはきっちりと理解しておきましょう!

このように、短期・中期的なスイングトレードを行う場合は、日本株式のほうがお得だし、情報の点から言っても有利といえると思います。

ただし、当然といえば当然ですがリスクは存在します。

当たり前ですが株価が下がると評価額がさがって、塩漬けとする人も多いでしょう。

この場合、中長期での保有を目的としないので、無駄な資金を塩漬け株で取られている状態になっています。

資金が自由であれば、超長期の投資先に振り分けることはできますが、塩漬けとなってしまったら、どこかで損切をして自由なお金を作らなければなりません。

これが最大のリスクですね。

 

まとめ:短期的なスイングトレードなら日本株をおすすめする

まとめを言えば、短期的なスイングトレードは日本株でやったほうがいいということです。

もちろん、株価下落(空売りの場合は上昇)のリスクもあります。

ですが、余裕資金の中で安易なレバレッジを効かせないしっかりとした資金管理を行ったうえでのスイングトレードは、相場に参加している感もでます。

また、きちんと相場を読み切れば短期的な利益(キャピタルゲイン)も出ます。

もちろん、本業やプライベートで忙しい人は無理に参加する必要はなく、むしろするべきではないでしょう。

しかし、相場に参加しているという興奮を手軽に味わえるのが、この短期・中期のスイングトレードですから、あなたもぜひ参加してみてはいかがでしょう。

あなたによりよい未来が訪れますように!

相場の方向性が読めないときのスイングトレード
【スイングトレードの手法】相場の方向性が読めないときの短期投資私自身は基本的にはbuy&hold戦略、安くなった時や積み立ての投資を行っています。 そして、原則として一度購入した株式はインカム...
【資産運用結果】2019年1月期の短期・中期トレード結果
【資産運用結果】2019年1月期の短期・中期トレード結果私自身は基本的には長期投資家のつもりでいます。 このため、長期でガチ保持していたり買い足したりしている株式はあります。 一喜...
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★