日本株

ファーストリテイリング(9983)の配当や優待、ユニクロへの投資は可能?

ファーストリテイリング(9983)の配当や優待、投資は可能?

みんな大好き、ユニクロやさらにその廉価版のGUを展開するファーストリテイリング(9983)。

ちょっと前までは「え?ユニクロ」「なんか、ダサい」などとも言われた時期もありましたけど、今や立派な一大ブランド。

というより、ユニクロに行けば下着から上着、ジーンズだって安ければ3,000円程度で入手出来てしまう。

私自身はさほどファッションなどに興味がないので、普通に生活する分にはユニクロで十分なんですよ。

こうした考えの方って、結構いますよね(笑

ツレ
ツレ
だからいつまでたってもあか抜けない。それに考えがオヤジ化している…。

さて、そんなユニクロなどを展開するファーストリテイリング(9983)。

実際に投資対象なんでしょうか?

ちょっと考えてみましょう!

この記事の結論ポイント
  1. ファーストリテイリング(9983)は手を出すには高すぎ!
  2. 配当利回りも渋いし、株主優待優待もやっていません
  3. 今後も株価が右肩上がりで伸びていくかは、世界経済の動向もありちょっと心配
  4. 「投機的」スイングトレードの対象としてはありかも。
  5. もしファーストリテイリングで取引を行うとしても信用取引はくれぐれも注意をする!

では、行ってみましょう!

 

ファーストリテイリング(9983)の配当や優待、ユニクロへの投資は可能?

Mさん
Mさん
そもそもファーストリテイリング(9983)は値嵩株、つまり高い! 普通は手が出せません。

2019年8月から9月時点の株価は、多少の上限がありつつ1株6万円から7万円で推移しています。

ふむ、一株…、一株!?

そうなんです、一株の値段です。

通常はどの証券会社でもファーストリテイリング(9983)の場合は100株単位

そうなると、一発投資をするにあたっては600万円から700万円が必要なんです。

ハッキリ言って、通常の投資家にとってはなかなか手が出ないレベルの金額です。

配当利回りも0.7%程度(2019年9月時点)だし、優待もありません。

そうなると、ちょっと普通の感覚での投資は躊躇せざるを得ませんよね。

少なくとも普通のサラリーマンにとってはなかなか難しいのではないでしょうか?

でも、確実に右肩上がりであれば、ちょっと無理して買う、そんなのもありですけど、実際に今後の株価はどうなんでしょうかね?

 

ファーストリテイリング(9983)の株価動向と今後について

Mさん
Mさん
この数年は右肩上がり、しかし、今後は保守的に見るべきか?

実際に、これまでのファーストリテイリング(9983)の株価動向を見てみましょう。

まず、この2年ではどうでしょうか?

ファーストリテイリング株価動向(2年)ファーストリテイリング株価動向(2年)(出典:ヤフーファイナンス)

 

素晴らしい!!

綺麗な右肩上がりのチャートです。

では、次にこの10年を見てみましょう。

ファーストリテイリング株価動向(10年)ファーストリテイリング株価動向(10年)(出典:ヤフーファイナンス)

 

これも素晴らしいほどに右肩上がりのチャートです。

アベノミクスの開始時、2012年頃に買ってそのままホールドをしていたら今頃株価は4倍近くに跳ね上がっていることになっています。

やはり投資というのは長期でじっくりと持つこと、これが大切だなぁ、と気が付かされるチャートですよね。

 

ただし、今後の動向についてはどうでしょうか?

まず、株価そのものの割高感がかなり上がっています。

株価の割高感を示す指標としてはPER(株価収益率)というものがあります。

これが現在のファーストリテイリングの場合は40倍を超えています

セクターなどにもよりますし一概にどのくらいが適正かというのは難しいですが、一般的には15倍程度が望ましいなどと言われいます。

そこから考えるとだいぶ割高な感じを受けます。

次に世界経済です。

日本の株式は、その業績にかかわらず世界の、特に米国経済、株式動向に大きく左右されるところがあります。

米国経済はリーマンショック以降、歴史的に長い好景気が続いています。

ちらほら景気が減速するという観測も出始めてはいます。

景気の波は確かにあって、超長期で見れば経済が回復してくることもあるでしょう。

>>>参考記事
アメリカの景気後退局面を考える(コツコツ投資が基本)
【景気循環】景気はピークに達したのか?(景気の波を考える)
景気が悪化? 株価の動きは? IMFが世界経済成長を下方修正

歴史的には景気は循環し、米国にしても多少の景気後退はあっても、その後に経済は回復していくことを歴史が証明しています。

でも、私たちが考えるべき本質論はそういう感じではないですよね。

600万円、700万円もの資金をかけて投資をした

10年後などに株価が戻っても、その間、ずっと含み損

10年間、投資した600万円もの資金が動かせない

そのうえ、景気が回復したときにファーストリテイリング(9983)の株価って、きちんと投資した水準に戻っているのか?

こればかりははっきり言ってわかりませんね。

この日米の株高基調のの際に、先日も7万円を超える株価を記録したファーストリテイリング(9983)。

実際に、この株価をオーバーし、さらに7万5千、8万とどんどんと右肩上がりに成長するか。

⇒ユニクロ自体は私自身も、そして多くの人がヘビーユーザーなのでホルダーであれば応援したいですけど。。。

はたまた、多少は下がって低迷時期があっても、再度6万5千円のレベルに株価が復活するか。

個人的にはその判断は難しい。。。。

ツレ
ツレ
今後の株価動向がわかったら、今ごろサラリーマンなんてやっていないですしね(笑

 

ファーストリテイリング(9983)への投資はちょっとハードルが高い

Mさん
Mさん
ファーストリテイリング(9983)への超長期投資はややハードルが高いので、やるなら短期・中期のスイングトレードがいいかもしれませんね

ここまで書いてきたように、ファーストリテイリング(9983)への現時点での投資はちょっとネガティブかなぁと思うところです。

  1. 値嵩株であり投資するには多量の資金が必要(端数取引除く)
  2. 株価自体の割高感
  3. 今後の世界経済動向
  4. 含み損の期間が長くなった時に資金が拘束される

 

特に私個人としては④の理由が大きいです。

万が一、株価が暴落した際、他にも買いたくなるような新しい株式銘柄も出てくるでしょう。

ずっと保有を決めた銘柄があったとしたら、その株価が下落したら買い増しもしたくなるでしょう。

株式などのリスク資産を現金化しなければいけないような、多額の出費が必要になることもあるでしょう。

こうしたときに、値嵩株であるファーストリテイリング(9983)への投資は、私たちが持っている資金量にもよりますが、ちょっとハードルが高いといわざるを得ない。

正直、これが現実かと思います。

ツレ
ツレ
無理して投資をする必要はないですしね。

 

ファーストリテイリング(9983)への投資は短期・中期のスイングトレード

ただし、短期・中期のスイングトレードなら、ファーストリテイリング(9983)への投資は可能です。

というより、これは投資というより「投機」に近いですけどね。

まずは、2019年4月から9月頃にかけての半年ほどのチャートをご覧ください。

ファーストリテイリングスイングファーストリテイリングスイング(出典:ヤフーファイナンス)

 

ここで赤丸を付けたところで売買をするのです。

例えば4月の中旬に購入し2週間後に売却をする。するとタイミングにもよりますが50-60万円くらい確保できます。

また、7万円に達したときに信用取引で「売り」(いわゆる空売り)をかけて2カ月後に買い戻しをすれば100万円近い利益を得ることになります。

もちろん、こんなにタイミングよく売買なんてできません。

しかし、その時の指標のテクニカル、経済ニュースなどをつぶさに見ておけば、まったく不可能というほどでもありません。

信用取引なら手元資金の3倍まで取引ができるので、100株で600万を超えるファーストリテイリングであっても、200万円ちょっとで取引も可能です。

ただし、信用取引は相当ハードルが高いです。

金額が大きくなれば損失を被った場合、その額が大変なことになります。

資金に相当の余裕がない限り、また信用取引の本質をしっかりと理解できない限り、ファーストリテイリングのような値嵩株や大きな資金を動かす取引には絶対に参加しないほうがいいでしょう。

ツレ
ツレ
知識と資金に余裕がなければ値嵩株の信用取引は絶対にやめましょうね!

 

 

まとめ:ファーストリテイリング(9983)への投資は余裕をもって

まとめます!

  1. ファーストリテイリング(9983)は手を出すには高すぎ!
  2. 配当利回りも渋いし、株主優待優待もやっていません
  3. 今後も株価が右肩上がりで伸びていくかは、世界経済の動向もありちょっと心配
  4. 「投機的」スイングトレードの対象としてはありかも。
  5. もしファーストリテイリングで取引を行うとしても信用取引はくれぐれも注意をする!

 

資金の余裕があればなぁ…。

確実に行ける(株価が上がる、または下がる)、というのがわかればなぁ。。。

値嵩株でなく少額であれば、スイングトレードの対象としては非常に良いと思います。

そう考えると、ファーストリテイリング(9983)自体は値嵩株であるので、スイングトレードの対象としては不適かもしれませんが、その他ならいろいろあるのではないか、と思うところです。

ただし、くれぐれ繰り返しますが、スイングトレードはある意味では「投機」でありますので、十分に注意して行うことが大切ですね!

あなたによりよい未来が訪れますように!

天才投資家BNFの投資手法!スイングトレードを再現できるのか?
天才投資家BNFの投資手法!スイングトレードを再現できるのか?株の投資をしていると一度は聞いたことのある超有名投資家であるBNF氏の名前。 私が彼の名前を知ったのは彼がもう有名になってあまりテ...

 

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ ★よろしければクリックをお願いします★